--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.07.01 *Tue

「蟹工船」の読まれ方

こんな記事を目にしました。

■『蟹工船』を読みつつプロレタリアートを考えてみた
http://r25.jp/magazine/ranking_review/10006000/1112008062615.html

--以下引用

「プロレタリア文学」っていうと難しく感じるけど、作中の人物が言うには、「あなた方、貧乏。だからあなた方、プロレタリアート」ということになるそう。

つまり「プロレタリア文学」とは、言いかえると「貧乏文学」ってことになるのかも。そんな小説が売れちゃうのが今の社会か…。でもなんだかなぁ、やるせない。


--以上引用

あんまり人の悪口は言いたくないんですが、これはちょっと。。。

「プロレタリア文学」が「貧乏文学」なら、昭和初期の私小説なんて、井伏鱒二・太宰治・嘉村磯多・宇野浩二、、、み~んな「プロレタリア文学」ということになってしまいます。

文学史の教科書を開くまでもなく、「プロレタリア文学」の本質は「貧乏」にはありません。善良な人間に「貧乏」を強いる構造を「帝国主義」や「資本主義」に求め、それに対抗してゆくために「団結」と「闘争」を促すのが「プロレタリア文学」の本質(であり、当時の共産党の方針)であるわけです。

そこを読み飛ばして「プロレタリア文学」を「貧乏文学」などと語るのは論理のすり替え以前の代物。この筆者が字が読めないか、労働者が目覚め、ストやデモが頻発する社会を望んでいないからか、どちらかでなんではないかと思います。たぶん前者でしょう。

もっときつく言えば、この「団結」なり「闘争」なりに踏み込まずに語られる「蟹工船」ブームの議論はすべてうそっぱちであり、まやかしであるといえます。反資本主義の文学が突如として資本主義的商品価値を持ったことに対する意義と矛盾とを自己批判的に問い直す契機がなければ、このブームは皮相に終わってしまいます。そして、ブームは、だいたいそんな風にして陳腐化し、終息してゆくものです。

いま私たちが「蟹工船」から汲み取るべきは「団結」なり「連帯」であると考えます。現代社会における個人は、正体の見えない巨大な資本の力の前に、誰もが孤独でかつ個性の稀薄な「消費者」(「労働者」である前に)である。ここから「個性」を回復し、さらに「連帯」を通して「人間の弧」を形成してゆくこと。

その意義は、「蟹工船」や同時収録の「党生活者」から十分に読みとれると思うんですけどねえ。。。

以上、あまり建設的にはみえないがそれなりに建設的なことを言ったつもりの文学カテゴリでありました。
スポンサーサイト
COMMENT : 14  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

モラルやマナー
そういえば集英社文庫から出る新装版『伊豆の踊り子』の表紙はあの『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦さんが担当するそうで。表紙画見ましたが、(ヒロインの)かおるがやけにごつくなっているような・・・(汗)

文化財に落書きをしてはいけないというのは誰でも知ってるはずでは?
いい歳して何をやっているのやら・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000019-san-l08

あと、また牛久で草花が切られる事件が起きたようですね。
もうモラルもマナーもどこへいってしまったのか・・・
2008/07/02(水) 00:16:38 | URL | Near 牛久 #- [Edit
集英社文庫は例のデス・ノートの「人間失格」の版元ですからね。でも私、集英社文庫は基本的に好きなんです。字がでかいし、最初に写真豊富なので教養科目の講義用にはうってつけなんです。でもまあ、「伊豆の踊子」ほど原作と巷間に流布しているイメージが違う小説も珍しいでしょうね。映画だとすっかり〈踊り子〉の小説ですが、原作だと大学生の私は結局自分しか見てない男だし。

落書きに自分の名前書くってホントにバカだなあ、と思います。そういえば昨日は落書きで新幹線が運休しましたね。日本の場合、落書きを戒めるマナーは神社仏閣にちゃんと遺っていて、偉いと思います。千社札はどういう扱いなんでしょうかね。
2008/07/02(水) 10:05:24 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
千社札とは神社や仏閣に参拝をした記念として貼るものだそうで、別に問題ないそうです。
但し、貼り方にルールがあるそうで。

○他人の千社札の上に貼る
・特に「抜け」た(長い年月が経過して紙の空白部分が腐食し、墨の印刷された部分のみが残った)跡に貼ると、自覚無しに上貼りされることもある。
○色札を貼る
・本来は墨の単色刷りのもののみを貼るべきで、多色刷りで目立つこのような札は貼るべきではない。さらに悪質なものでは必要以上に名前以外の文字・絵を描いて宣伝に利用される場合も。
○はがしにくいシールを用いる
・千社札は施設の都合により剥がされることもあることを前提に考え、そのような場合でも建物を傷つけない接着物を用いる必要がある。

最近はシールによる千社札の普及が伝統や決まりを乱していると批判されているそうです。
まぁ要するに「邪魔をしない」「手間をかけない」というところでしょうか。
2008/07/02(水) 14:42:39 | URL | Near 牛久 #- [Edit
お知らせありがとうございました
ちょっと、チャンと読み直しをしなければと思って,今日から付箋を貼り,そこにメモを取りながら読みはじめました。
多喜二が懸命に、けれど、言葉を見事に結晶にして綴っている作品の標題が,本質的には「ワーキングプア」のことを書いたものでもないのに「ワーキングプア」と「蟹工船」を併行でタスキに載せて売っている便乗本などもあり,通常なら怒りを覚えて買わないところですが,多喜二の本質を見極めた上で比較材料にしなければ、との思いから,それも入手しました。・・・まずは多喜二の読み直しです。
「プロレタリア」という言葉を安直に復活させている点も全く癪で、これは多喜二の時代からその間違いを素人なりに訴えられるよう,勉強し直したいと思っていますし,他にも思いつく材料があるので、少し時間はかかってしまうかな・・・
それにしても、自分自身,安易に「戦艦ポチョムキン」を連想していたこの小説,読み直すと、むしろソルジェニツィンの「イワン・デニソヴィッチの一日」に・・・動と静の質的な違いはあるようですが・・・意外なほど似ており,人物を見る目が冷静なのにも、あらためて驚いております。

重ねて御礼申し上げます。
2008/07/02(水) 20:37:06 | URL | ken #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/02(水) 20:42:31 | | # [Edit
ぼくは・・・大聖堂の落書きはべつに悪いとは思いません
2008/07/03(木) 10:58:07 | URL | 働かないおっさん #- [Edit
啄木
3日付けの夕刊読売の「よみうり寸評」(朝日でいう「天声人語」)で石川啄木の歌がワーキングプアに当てはまるのではということが書いてありました。
「はたらけど はたらけど 猶わが生活(くらし) 楽にならざり ぢっと手を見る」がワーキングプアに共感する(当てはまる)だろうと。
「何もかも 行末の事 みゆるごとき このかなしみは 拭ひあへずも」のところは貧乏から脱出する見通しは無く、先も知れているというところに、また「こころよく 我にはたらく 仕事あれ それを士遂げて 死なむと思ふ」のところは現実にはなかなか思うようにできないところも共感するのではと。

これが本当の「貧乏文学」(・・・ってくだらないですよね ^^;)
2008/07/05(土) 01:21:02 | URL | Near 牛久 #- [Edit
働かないおっさんさん

私は落書きが「別に悪くない」とは思いませんが(私ならしないと思うし)、ネットなんかに現れる(たぶんに無責任な)処罰感情を薄気味悪く思うものです。この、ネットに現れる処罰感情については、以前いろいろ考えたことがあったんですが、文字にしなかったから忘れました。

Near牛久さん

千社札の件は勉強になりました。ありがとうございます。啄木か。啄木は東京に出てきて貧乏してましたが、彼は新聞社で校正やってたんですよね。新聞社だって人のことはあまり言えない過去がある訳です。

そもそも出版・印刷業は昔から「働けど働けど」の世界と相場が決まっていて、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」なんかでも活版印刷の様子が描かれています。そこに起こった争議を描いたのが徳永直「太陽のない街」ですが、これは最近文庫本が入手困難。

啄木と多喜二・徳永の差異は、貧困状況を踏まえて個人の内面に降りてゆくか、社会の構造に挑んでいくかの違いだということになるのかもしれません。高度経済成長期に啄木は人気があって、いま突如、多喜二の人気が上がっている。啄木は、ワーキングプアー的というよりは「オールウェイズ 三丁目の夕日」的な、「明日を夢見ることのできる今日の貧困」、という状況に読まれていたんじゃないかなあ。今日の問題はそれとは真逆なような気もします。

社会全般の方向性から見て、「明日を夢見ることの出来ない今日の貧困」というのは、「明日を夢見ることのできる今日の貧困」より物理的に豊かであったとしても、受けとめる気持はどっちが辛いか、そのへんが鍵であるような気がしますね。

kenさん

ブログ復帰を祈ります。そのときはぜひお説を聞かせてください。「党生活者」もなかなかおもしろいですよ。青空文庫には滝自作品がある程度アップされているようです。ご参考までに。
2008/07/05(土) 09:17:35 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
受けとめる気持
>キンキン@ダイコク堂様
ご意見ありがとうございます。
う~ん、自分もまだまだ文学を読み解く力が必要だなぁ・・・
2008/07/05(土) 13:33:05 | URL | Near 牛久 #- [Edit
返信ありがとうございます。ダイコクどうさんは行ったことがないと思うので知らないと思うのですがあそこはいろんな英語とかで数え切れないほど落書きされています。しかも大聖堂の前にはペンを売ってる人もいて落書きするのは暗黙に了解されているんですよ。だから書くのは普通だと思います。
2008/07/10(木) 12:49:34 | URL | 働かないおっさん #- [Edit
キンキンさん、お忙しいご様子、体力温存しながら頑張って下さいね。

「党生活者」は、アングルがまた違うので、多喜二の才能にあらためて驚くには充分な作品でした。こちらも付箋にメモだらけになりました。

さて・・・それを自分なりにどうまとめるのか、というのが次の作業なのですが。

「音楽」にかこつけて、ということでやっていきたいので、そこで純粋に「文学」としての紹介にはならない。
やっと公然と否定する人も出て来て、嬉しいことですが、世間が「右・左」などというレベルで発想しては何の解決策も見いだせないのだ、という転については、まだまだ客観的に評価してくれない人も多い。
「プロレタリアート」だとか「赤」だとかいう「符丁」を・・・これは適切ないい方ではないのですが・・・純粋に記号化して読める人が、和解そうにも少ないような気がします。
「蟹工船」とよく並べて売っているのが「ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない」という本で、いまはこれを読み込んでいるのですが、多喜二が描こうとしていた世界とは全く異質なんですよ。プログラマの世界のことなので、実は私は発注側として、但しこの本の注文者とは違ってプログラマと割合密に関わりながら仕事をしたことがあるので、分からない世界ではないのです。ですが、それを「蟹工船」と同列に扱っていることには、いまの人たちの「古き良き時代幻想」があって・・・タダの敗北感しか根底にない。この違いが大きい。
そのあたりを、どう伝えるか。
「蟹工船」の漫画化(知るかぎりで2つあります)も賛成出来ませんし。
試行錯誤していかなければなりません。

適宜、ご指導下さいませ。
2008/07/21(月) 18:13:38 | URL | ken #- [Edit
キンキンさんにはあまりに物足りないかもしれませんが、自分なりに『蟹工船』の内容を読み解いてみました。

いや、これでは・・・という点を含め、お暇な折にご指導頂ければ幸いです。

http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_5b51.html
2008/07/22(火) 19:26:01 | URL | ken #- [Edit
kenさん

お気遣いありがとうございます。今日は先ほど帰宅です。御論ただいま目を通しました。最後に文学後からに触れているところを嬉しく拝読しました。またのちほど、じっくり読んでコメントなど付けたいと思います。「ブラック企業に努めているんだが…」読んでみなくちゃとも思いました。
2008/07/22(火) 23:25:22 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
おっと働かないおっさんさんもコメントありがとうございました。もしかすると、だれも実情を知らないまま騒いていたのかも知れませんね。メディアにも責任あるかなこりゃ。
2008/07/22(火) 23:56:30 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。