--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.06.24 *Tue

つくばコンサートの活動が朝日新聞で紹介されました。

本日、朝日新聞茨城版につくばコンサートの活動が紹介されました。

http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000806240002

市民の手作り、つくばコンサート25年。

2008年06月24日

 音響の良さで知られるつくば市のノバホールに国内外から演奏家を招く「つくばコンサート」が25年目を迎えた。市内に住む研究者や主婦ら音楽愛好家でつくる実行委員会が人選から運営まで行い、150回の手作りコンサートを開いてきた。151回目となる7月6日は、若手ギタリスト村治奏一のリサイタルを企画している。

 つくばコンサートは科学博の前年の84年に始まった。実行委員会が学園都市の研究所に縁の深い企業からの寄付を受けて開催してきた。ピアノのウラジーミル・アシュケナージや指揮の小澤征爾を招待したこともある。

 企画と準備の会合を毎月開き、「知名度より実力」を目標に人選する。入場料は都内の相場の半額に設定し、つくばエクスプレスを利用して都内から聞きに来る人も多い。

 7月にリサイタルを開く村治奏一は1982年生まれ。幼少のころ、父親の手ほどきでギターを始めた。99年、渡米。デビュー盤となったCD「シャコンヌ」(03年)はレコード芸術誌の特選盤に選ばれ、06年には本格的な米国デビューを果たした。

 ニューヨークのマンハッタン音楽院に留学中のため、日本での演奏活動は夏休みなどに限られるが、20代の若さながら姉のギタリスト、村治佳織に劣らぬ実力の持ち主だ。実行委は「多くの力のある若手ギタリストが日本から生まれているが、村治奏一は演奏の技巧と音楽性の両面で傑出し、世界レベルの逸材」と絶賛している。

 曲目はバッハ「シャコンヌ」、レゴンティ「夢」、ソル「第7幻想曲」など。午後3時開演。入場料はA席2500円、B席2000円、C席1500円。問い合わせはつくばコンサート実行委員会(電話029・852・6470)。



■7月6日、村治奏一ギターリサイタルにぜひお越し下さい。

記事では触れていませんが、当日学生券も販売されます。
ギターキッズ諸君、ぜひ村治奏一を聴いて(見て)みて下さい。
スポンサーサイト
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

また近々宣伝しますねー、
・・・って、ちょっとタイミングが遅いかなあ。

弟君の方の音は聴いたことがないので、聴いとかなくちゃ、とおもってタワレコ行ったら、チェリビダッケがベルリンフィルを指揮していた頃の録音10枚組が1800円しない値段で売っていて・・・そっちを買ってしまいました。
ゴメンナサイ。

若い時代の演奏は、後年を思わせる特徴はあるけれど、やっぱり「若い」なりの演奏で、しかも当時からオペラに手を出そうとは決してしなかったわけだから、カラヤンに勝てなかったのも宜なるかな、という感想です。
お客に「歌をどう聴かせるか」まで考えるゆとりは、まだなかった、という具合の演奏でした。全部聴いてみた時点で、同時期のフルトヴェングラーやカラヤンと比較してみたいと思っております。

話は違いますが、今朝、N○Kのニュースで、「若者のあいだに蟹工船ブーム」みたいなのをやっていました。着替えながらなのでチラッと見しか出来なかったけれど、ニュースの中の小さい枠だけに、本質にまでは迫っていなかったなあ。
2008/06/26(木) 21:44:10 | URL | ken #- [Edit
kenさん、チェリビダッケに関してはEMIから大全集が出てますが、いくらなんでも高すぎ&でかすぎで購入に至らず。最後のチャンスは烏森キムラヤ閉館前の安売り時期だったかなあ。。。

「蟹工船」ブームについては本日の読売新聞でも取り上げていました。

荒俣宏の評論以来、プロレタリア文学=グロテスク文学という脱構築が進んできたように思います。たしかにそういう側面はあるのですが(まさにグロテスク・リアリズムw)、プロ文の特質はそういうグロテスクな現実の上に「連帯」による対抗の姿勢を構築するところにあると思うのです。

その意味では上記の読売記事の末尾に湯浅誠さん(岩波新書「反貧困」の著者)の言葉としてある、「『蟹工船』を読んで自傷でも自殺でもない団結というやり方もあるということを知っていく可能性はあると思う」というコメントは大切かな、と思います。しかしこれを「可能性はあると思う」としか言えないところに現代人の孤独の根深さがあるなあ。。。
2008/06/27(金) 22:28:13 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
>「可能性はあると思う」としか言えないところに現代人の孤独の根深さがあるなあ。。。

なるほど。。。

考える価値のあるお話ですね。
ありがとうございます。
時分なりのネタで、ちょっと試してみようかな。。。
2008/06/28(土) 00:52:27 | URL | ken #- [Edit
記事載せました
もっとはやく、と思っていたのに・・・
遅くなってしまって、すみません、

ご盛況を祈ります!

http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/at_3538.html
2008/06/29(日) 21:50:26 | URL | ken #- [Edit
kenさん
いつもありがとうございます。感謝です。
2008/06/29(日) 21:59:50 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。