FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.02.10 *Sun

NHKスペシャル「闘うリハビリ」第1夜をみて

先日、黒茶さんが教えてくださったNHKスペシャル「闘うリハビリ」第1夜が放送されました。冒頭、長嶋茂雄さんのリハビリ風景とインタビューが流れたので、それで注目して観たという方もいらっしゃるんではないでしょうか。

第1夜の骨子は、「リハビリを通して脳内回路を開発し、それによって機能を回復させる」というリハビリの役割を多くの人に知らせようというものであると私は観ました。

その点で特に一般の人の注意を引いたのは「CI療法」の紹介ではなかったでしょうか。あえて機能が麻痺している箇所を集中的に使うことによって、脳内にバイパス回路の生成を促し、それによって機能を回復させようとするという考え方は、古いリハビリに対する概念を覆すインパクトがあったのではないかと思います。番組中、太田仁志さん(茨城県立医療大名誉教授)は「一般の医者はCI療法を知らない」とおっしゃっていましたが、医師でさえ、リハビリ=マッサージという誤った(あるいは古くさい)常識にとらわれている状況があることに警鐘を鳴らす内容を持っていたと思います。はた目にはマッサージに見えることが、実は脳内機能の生成という、重要な医療行為であることがよくわかる番組であったと思います。

なるほどなあ、と思ったのは、番組の後半で、「人間の可能性は無限大であり、回復はここまでという限界はない」という結論が導かれていたことです。つまり、脳の潜在的な自己回復力は私たちが考えているよりはるかに高く、損傷部位にもよるでしょうが、その可能性は無限大に近いということが示されていました。脳の一部を切除指してしまった若者の回復は、それを示すなによりの証でありました。

ところで、このブログでもごちゃごちゃ言ってきた日数制限問題。日数制限によって一律に患者の保険適用を打ち切る行為は、脳の自己修復機能の可能性を閉ざすことにつながるということになりゃしないかということを私は感じました。リハビリ日数制限問題で精力的な活動をなさっている道免和久氏(兵庫県立医大)はこのCI療法の専門家だそうですが、ああした活動の根底には「治るものを治さないのは許せない」と言う考え方があるのだと思います。一方、日数制限をしようとする厚生労働省の発想は、「お金を抑制したい」ということともうひとつ、リハビリに対する認識の古さが根底にあるのではないかと考えた次第です。つまり、「どうせ治らないんだからやめちまえ」という発想。

医学の進歩はめざましいし、脳の可能性は素晴らしい。その両方をよく調査し、正しく認識して判断することが重要であるということを感じる第一夜でした。今夜、N響アワーを観るなどして見損ねた方、明日もつづきがあるそうですからぜひ見てみてください。池辺先生、今日はダジャレを言ったかな…。

それはそうと、リハビリによる脳の再生に関しては

○「現代思想」2006年11月号

がためになりました。道免氏や多田富雄氏が論文を寄せています。
スポンサーサイト
COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

脳のすごさ
現場も知らないど素人なので、知る機会になりました。
無くなった片方の脳の機能を残された方がし始めるというのには驚きました。
リハビリが脳の開発につながると言うことは希望があると思います。
人間の脳の可能性がわかりました。リハビリ界は進んでいるのですね。
最後の方で2回ほど、わかる人にはわかるメッセージを発していましたね。
“修復”を阻んでいるのはどこの誰か。日数制限など人権侵害甚だしいですね。
2008/02/10(日) 23:20:32 | URL | よるの黒茶 #OQ1dvDpI [Edit
黒茶さん、さっそくのコメントどうもです。

太田さん、「診療報酬が云々」という言い方でメッセージしてましたね。NHKとしては頑張ってくれたような気がしました。番組後半で、在宅でどうやってやるかというアドバイスをするシーンがありましたが、在宅・自己治療が中心となるにしても適切なアドバイスや状況の変化に対応した新しいリハビリ法の伝達など、定期的な受診は必要でしょう。患者を「島流し」状態にするようではいけないと思います。長嶋さんが4年間リハビリを受けているのはおそらく自費診療でしょうが、番組後半に出てきた人たちは4年間続けられるわけではない。そのことは説明があっても良いのではないかな、と思いました。でも長嶋さんが倒れてからあれだけテレビに出て自らの状況を明らかにしたのは初めてのことだと思います。そのことに敬服です。

とにかくリハビリ制限の問題性が「人間の自己回復の可能性を摘む」ことにあることが推測される内容でした。目先の利益と人間性の尊重と。我々はいずれを選択すべきかということはきわめて単純な問いでしかないんですけどねえ。
2008/02/10(日) 23:44:57 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
>「人間の可能性は無限大であり、回復はここまでという限界はない

これ以上の真理は、ないのに。
官庁が「ビジネス」している姿勢が、ほんとうに醜い。

・・・残念ながら、家庭の都合で番組そのものをみられずにいるのですが・・・再放送があったら教えて下さいませ。
2008/02/11(月) 17:33:55 | URL | ken #- [Edit
kenさん、たぶんいっぺんは再放送があるんじゃないかと思います。

先ほど第2夜が終わったわけですが、今日は急性期と在宅という、リハビリの最初と最後を取り上げて、その重要性に対する社会の理解を求めるないようだったと思います。今日は眠いのでまた明日、記事にしますが。

それにしても、太田先生しゃべりがうまい。リハビリをめぐる問題を、声高に糾弾するのではなく、言外に意味を含めて上手に聴く人に悟らせる、ああ私もこんな話し手になりたいもんだと思いました。この先生、医療後進県である茨城県の医療水準を高めるべく、県庁の役人やらなにやらと渡り合って改革を推し進めてきた、茨城県の人は感謝すべき偉いリハビリ医の先生なんだそうであります。
2008/02/11(月) 23:09:09 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
ひねくれてますが
ひねくれ言語聴覚士です。

『闘うリハビリ』を見ました。
大変勉強になる内容で、長嶋さんの姿にも感銘を受けました。

しかし、「リハビリは嘘つかない」って言葉を何回も強調していましたね。
これは虚しい言葉だと思いました。
「嘘をつく」というのは元来、は言語あるいは思考的な行為で長嶋さんや他の患者さんが目指している(ように見えた)身体機能に関しては、
別にリハビリ以外の身体行為も「嘘はつかない」、というか嘘はつけない行為なのではないでしょうか…。

「リハビリ」という言葉を他の言葉に置き換えて、例えば
「マラソンは嘘をつかない」「フィットネスの成果は嘘をつかない」
「血糖値は嘘をつかない」とかも言えますよね。

良い番組だと思いますが、言葉の使い方に安っぽさを感じて
幻滅しました。この言葉さえなかったら、良かったのに。

なんかイチャモンつけてるようで申し訳ありません。

2008/02/20(水) 00:07:04 | URL | イズミ #- [Edit
イズミさん
「○○は嘘を付かない」という言葉はとくにスポーツおいてよくいわれる言葉ですね。「練習は嘘を付かない」「稽古は嘘を付かない」とか。

私も「リハビリは嘘を付かない」という言葉は若干臭い台詞だなあとは思いましたが、とくに違和感は感じませんでした。若い女性アナウンサーが「リハビリは嘘を付かない」と連呼したのであればたぶん私も違和感を感じたと思います。それは、その言葉が背負っている「文脈」が背景に存在するかどうかと言う問題だと思います。

教育畑の人はよく「気づき」という言葉を使いますが、長嶋さんがいう「リハビリは嘘を付かない」には「気づき」の要素が含まれています。字面から言えば「嘘を付かない」のは当たり前のことで、状況説明に対する価値の付与に過ぎないわけですが、リハビリを一生懸命にやればそれに見合った改善があることを、長嶋さんは身を以て知った。それは自らの身体に生じた一回性の体験に根ざした「気づき」の言葉なわけで、そこに汲み取るべき文脈が存在している限りはあれば、違和感は少ないのではないでしょうか。食堂で「ぼくはウナギだ」と言う人がいたからと言って彼を半魚人であると考える人がいないのといっしょで、あとはその文脈が第三者に見える番組づくりであったかどうかという演出上の問題でしょう。もっとも、長嶋語録というのがあるくらいで、彼の言葉は常にプリミティブな感覚に根ざしていますけどね。

第一夜の「リハビリは嘘を付かない」にしても、第二夜で綾戸智恵さんのいう「一生リハビリ」にしても、ちょっと臭いな、とは思うのですが、それが体験に根ざした「気づき」である点で、同じ立場にある人に「気づき」を与える効果はあるんじゃないかと思います。
2008/02/20(水) 14:41:36 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
闘うリハビリ2が放映されました
長嶋さんやオシムさん他最先端の方法を駆使したとされるリハビリの様子が・・・最先端!?もう既に20年以上まえから一介のマッサージ師の僕は知っていた方法、だけどそれらを業界が、医療やリハビリの業界が封印してきたのではないだろうか?

リハビリ180日宣言これは、制度を決めた厚生労働省がわるいのではない、だって医療やリハビリ業界がず~と6ヶ月以上はプラトー(回復しない壁)と言っていたことを制度化したに過ぎない。

もっとも悪いのは現場だ。充分関わるだけの時間と環境が取れない。リハビリにひつような環境について訴えてこなかった者たちの責任なんだ。・・・制度がシステムの問題です?・・・では、あなたは「制度、システムが問題であるために充分な回復させる時間が病院では作れなくてすみません。だからあなたの手が回復できないのはあなたの病気の為だけではない。だから申し訳ないが、あなた自身でその時間を補えば、改善の可能性はあります。」等の患者さんに可能性を示唆することを伝えたか?

多くの医療・療法関係者が、一度損傷した脳細胞は再生しないの古典的麻痺解釈の1面とその概念に則って行われた臨床データを基に(治そうとおもっていない方法)『もうこれ以上やってもよくなりませんよ』という絶望の宣告をおこなって来ています。2については(^^ゞまた書き込みます。


2009/02/12(木) 04:00:37 | URL | メントレ #.GTNPbic [Edit
Re: 闘うリハビリ2が放映されました
メントレさん、コメントありがとうございます。

これはメントレさんのおっしゃるとおりで、統計的な公約数を基準に可能性を閉ざしてきたのは、当のリハビリ業界そのものだと(私は部外者ですが)思います。封印、現場のネグレクト、たぶんその通りだと思います。だから、リハビリ学会は厚生労働省の委員会でこの方針を是とし、医療費削減のお先棒をかついでいるわけです。経済学の観点から言えば、例外は無視し、最大公約数的なモデルを設定してそれに数値をあわせていくのが正しいとされるからです。

しかし、それでは救われるはずの少数者は救われない。そのことに怒りを感じた人々が大勢いたから日数制限に反対する署名が集まったんだと思います。それで私も素人ながら、この問題を取り上げています。

多忙のため続編見れませんでした。ぜひ続稿をお願いします。
2009/02/14(土) 11:44:19 | URL | キンキン@ダイコク堂 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。