--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.02.07 *Thu

リハビリ問題その後

一時期、更新を怠っていたせいで、いろんな問題に対するフォローが遅れています。

今日はリハビリ問題編。

リハビリに成果主義の導入という問題が起こっています。この問題、なかなかに専門的な部分もあって素人の私にはよく分からない部分もあるのですが、下記のサイトでは次のように説明しています。

回復期リハビリテーション病棟は脳卒中や骨折による障害者を受け入れて、日常生活機能の改善を手助けするための病棟です。軽症の方々のほとんどは自宅に退院できますが、極めて重症の患者さんの多くは自宅に戻る事が出来ずに、施設等に退院していきます。

厚生労働省は平成20年度の診療報酬改定において、回復期リハビリテーション病棟の入院料を一律に削減し、同時に数値目標で示す成果主義を導入することを意図してます。

○1月30日の厚労省の政策変更案は、急性期病院から回復期リハ病棟への入院患者の絶対数が減じる
○最重症のかたがたが棄民化する確率が増大することに加えて、MRSA保菌者、気管切開患者、抑制されている患者等の棄民化確率が増加する。
○不必要な胃瘻造設が増加する
○急性期病院の脳外病棟や整形外科病棟の在院日数が長期化する



ご本人に確認取ってませんが、このサイトをご紹介しておきます。
私もこの春休みの勉強課題としたいと思っています。
http://homepage1.nifty.com/jsawa/medical/


さらに、4月からまた新たな制限策が画策されています。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/01/dl/s0130-11j_0001.pdf

これによれば、リハビリの日数制限はそのまま。それ以上の日数を実施する場合は、月に13回まで。あとは、自費で診療を受けろと言うことになります。

これを「医療破壊・診療報酬制度・介護保険問題を考える」では次のように記しています。

療養病床における回復期が遅れている入院患者のリハビリテーションは、発症から6か月をすぎると、1か月に20分×13単位で終了になります。つまり、1日6単位やれば、残りの28日は寝たきりで良い、ということ。

回復が遅れているのは、自分のせいではないのに、回復期が遅い人は1か月に28日は自費でリハビリしなさい、というのがメッセージでしょうか??


おそらく、そうなんでしょう。日数制限の問題で騒がれたという理由で除外規定を付けた。今度は除外規定の基準でもめたという理由で除外規定を削った。

どこまで、厚生労働省は場当たり的なのか。ニワトリは三歩歩くと前のことを忘れると言いますが、一昨年の問題点を忘れて昨年の問題点を解消しようとして、一昨年の状態に戻してしまう、ということになります。なるほどこうやって薬害問題などを引き起こしてきたのですね。。。

それから、多田富雄さんの著書2冊、紹介しておきます。

○「寡黙なる巨人」(文藝春秋)
○「わたしのリハビリ闘争 最弱者の生存権は守られたか」(青土社)

これも課題図書だな。。。
スポンサーサイト
COMMENT : 3  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

「闘うリハビリ」
 こんばんは。
 明日10日(日)と11日(月)NHKでは「闘うリハビリ」と題したスペシャル番組を放送すると某政党紙に載っていました。
内容は「脳をターゲットにしたリハビリ」「救急病棟に運び込まれた直後からのリハビリ…」…とリハビリそのものの特集ですが、この番組名といい、二日連続と力を入れてそうな感じですのでお知らせします。

◎総合テレビ
10日夜9時(第一回)、11日夜10時(第二回)
※詳しくはNHKサイトでご確認下さい。
2008/02/09(土) 02:14:22 | URL | よるの黒茶 #OQ1dvDpI [Edit
おお、黒茶さん。良い情報をありがとうございました。こういう情報はPTのかみさん経由で入ってくる場合が多いのですが、知らないみたいだなあ。ア○ハタ(ジャムの銘柄じゃないよね)、役に立つなあ。一昨年は「現代思想」でもリハビリ特集が組まれましたし、世界的に注目されている分野なんです。しかるに、厚生労働省は…。
2008/02/09(土) 08:58:50 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/01(火) 22:04:31 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。