FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.09.29 *Sat

選挙に思うこと。

9月30日は牛久市長選挙です。


私が住んでいる牛久では、今年3回の選挙がありました。市議選と国政選挙の参議院選、そして明日行われる牛久市長選挙です。最近では自民党の総裁選挙なんてなものもあって、選挙イヤーな感じです。もっとも、最後の自民党総裁選は私には投票権はありませんが(茨城県は予備選挙やらなかったのかな?)。

自民党の総裁選挙を見て、明日投票に行く牛久市長選挙のことをどうしようか、なんとなく考えました。以下、つらつら考えたその思考過程を自分への覚え書きとして記しておきます。

3世のセレブに属していた安部晋三氏が政権を放棄したとき、自民党総裁選に出馬したのは、麻生太郎氏と福田康夫氏でした。ともに総理大臣の子孫であるという点において、この3者が特権階級に類する人であることは疑いの余地がありません。戦後60年経って、格差が固定化した今日、2世や3世でなければ総理にはなれないでしょう。それはくやしいけれども事実であるようです。

その一方で、この両候補の間には明瞭な差異が存在します。それは、麻生太郎氏が麻生財閥の御曹司として若くして経営者であったことと、福田康夫氏には元々政界に入るつもりがなく、サラリーマン生活を送っていたことです。その違いは、両者の政治手法の違いとして、また印象の違いとして反映されています。

一般的に、総裁選に勝利した福田氏の手法は対話を旨とした調整型であるといわれます。北朝鮮政策に関して、それはこれから典型的に現れるでしょうが、民主党との妥協を強いられる局面において、その手法が有効に作用すると自民党内で考えられたための勝利だったのでしょう。それは、福田氏が石油商社で対外交渉の仕事をしてきたサラリーマンであったことと無縁ではないでしょう。

一方の麻生氏は地方票を多く獲得し、善戦しました。彼の応援を買って出ている人たちの中には、およそ自民党員とは思えない若者たちが多く含まれています。漫画好きで「オタクのみなさん!」という演説が心を惹きつけたからだというのがもっぱらの評判ですが、それ以上に、彼がどちらかというと独断専行型の経営者タイプで、構造改革主義者であることと関係があると思います。

この、経営者タイプで構造改革主義者というありようのなかに、私はある種の危険を感じます。

構造改革とは何か。それは規制緩和のことです。

護送船団方式から自由競争へ。新古典主義経済学に立脚したアメリカ型の経済社会への転換を図ったのが小泉純一郎元首相でした。しかし、規制緩和は自由競争であるという点において、明瞭な欠点をもっています。それは、経済万能の弱肉強食社会を生むというところです。竹中平蔵氏をはじめとする小泉ブレインは、それを是としました。なぜなら、新古典主義の経済は、人間が金の亡者でどうしようもないエゴイストであることを認め、そのモデルにしたがって理論を構築し、そのエゴイズムが生み出すお金によって税収を支えようと言う発想が根幹にあるからです。その結果、国の税収は上昇しましたが、収入格差は拡大しました。

そのような発想の中で、居酒屋チェーンや人材派遣会社の社長等によって教育再生が叫ばれる。経済の分け前を渡すことなく、「愛国心」や「奉仕の精神」といった忠誠心を教育によって徹底させようと言う、これはまさに金の亡者のエゴイズムにほかなりません。

このような実例を踏まえて考えれば、首相候補をはじめとする行政の長の立候補者が「経営者感覚」を売り物に「構造改革」を主張するのは「経営者」でないすべての人にとって極めて危険であるということがいえるように思います。上記のようなエゴイズム経済においては、自らの利益を高めることがすべてに優先し、それは「構造改革」というお題目の下に是認肯定されるからです。

麻生氏や小泉氏に話を戻せば、彼らの「構造改革」を支持したのは若い人ではなかったか、という反論があると思います。つまり、格差社会において多くの「負け組」に属する人たち。それは、彼らの「構造改革」が敵視し、つるし上げの対象とした「官僚」や「郵便局員」といった人たちが、ワーキングプアーや契約社員にとって、目の前の敵であったということと関係があると私は思っています。多くの人々が、郵政民営化に諸手をあげて賛成しました。民営化されても、自分たち自身にとっていいことはほとんどなにもないということがわかっているにもかかわらず、です。明後日から、郵便局の振り込み手数料はびっくりするほど上がります。貯金の全額保護も国の保障が無くなります。簡保しかり。なにしろ、民間の銀行や保険会社になるのですから。

そこに、「敵の敵は味方」という不思議な論理が働いていたと私は考えます。
つまり、

「いままで親方日の丸で安泰だった官僚や郵便局員を俺たちと同じ不安定な地位にまで落としてくれた構造改革万歳!」

というルサンチマンというか、目の前にいる幸せな人の足を引っ張りたい、という下流志向がそこにはあったのではないか。

ほんらいならば、「彼らと同じような安定と休暇を俺たちにも!」と叫ぶべきなのです。なにしろ、現在の日本はエゴイズム経済の社会にあるのですから、その程度のエゴイズムは許容されるべきだと私は考えます。

このようなエゴイズム経済の社会に変貌した日本ですが、構造改革に対する疑念がひろまってきたいま、まだまだ中流のサラリーマンが多い日本においては、福田氏が当選するのは当然と考えます。しかしそのときに、下流に属する人には、自らの立場を代表してくれる人がいまの国会にはいない。そのとき、「敵の敵は味方」という論理が前面に出てくるのです。

しかしその発想は根本的に間違っています。なぜなら、ごく一部の勝ち組と大量の負け組を作りだし、富の集中を図ったのは、サラリーマンや公務員ではなく、勝ち組とその利益を代表する「構造改革」主義者なのですから。

「政府が景気回復したと認定した2002年から今日まで、「構造改革」の名の下に日本経済は大きく変わりました。GDPは5年間で約22兆円増え、一方、サラリーマンなどに支払われた報酬は約5兆円減少しました。」 (森永卓郎さんによる)


この事実だけでも、真の敵がどこにあるかわかると思います。そして彼らは、一般市民の内部分裂につけこんで福祉・医療の切り捨て、一般人向け増税、給与切り下げなどを行う一方、法人課税や株式売買の所得に対する減税などを行ってきました。中流以下で足の引っ張り合いっこをしている場合じゃないです。

さて、そういうときに投票行動をどうすべきかということですが、簡単な話が、「今の自分に近い立場・境遇の人」に一票を入れるというのがよいと考えます。自分が経営者か、サラリーマンか、契約社員か、ワーキングプアーか、ニートか。その立場に近い人はだれか。

上記のように、この格差社会においては政治家も含め殆どの人間がエゴイズムにしたがって動いています。だとすれば、「今の自分に近い境遇の人」に権限を与えておくことが「今の自分」にとってもっとも有利に働くのではないでしょうか。問題は、契約社員やワーキングプアーの立場を代表し、大きな影響力をもつ政治勢力が今の国政にないことです。 でもそれも「今の自分に近い立場・境遇の人」に対する投票をみんなが心懸けてくれれば、いずれ、と思います。だって格差社会の勝ち組なんて、本当に数は少ないんだから。収入に寄らず一人一票というのが民主主義社会における選挙の原則です。


さて明日。

現職候補は「経営者感覚」を自らの売りにし、契約社員への切り替えを図ったり、夏休みを取り上げたりしているようです。私は、この施策は先程述べた「敵の敵は味方」的な効果を狙った選挙対策だと考えています。そして、このような施策が結果として働く人に大きな格差を生むこと、今の私自身の境遇が契約社員に近いことは、現職候補に対する大きな否定材料です。

それから、いま争点化されている現職の職員に対するパワハラ問題。暴言を吐き、言うことを聞かせようと言う手法が、優れた「経営者」の姿とは私には思えません。暴力で強いられても人は創造的な仕事などしません。職務怠慢など困った実態があるのでしたら、それを上手に矯正し、ボウリング部を創設するなどして(´∀`)誰もが気分良く楽しく働ける環境を整えて、生産効率の向上に導いてゆくのが真の「経営者感覚」だと私は考えます。

まあそんな風に考えて明日は投票に行きます。
スポンサーサイト
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

蓋が閉まった
 こんばんは。なかなか本降りの雨でしたね。投票率が下がるでしょうね。
 う~んこの記事深いですね。

>幸せな人の足を引っ張りたい
 わりと近くにお住まいだった作家・住井すゑさん曰く「日本人の悪いところは差別を受けると(抵抗するのではなく)別の自分より弱い人に差別する」(=差別の再生産)みたいなことを著書の対談で言っています。“真の敵”を見失っているといつまでも何も変わりませんよね。

>立場を代表してくれる人がいまの国会にはいない。
 日本なんとか党に投票していると言う私の家族は、“Cさん”に直接合って話してみたい、と言うようなことを言っていました。この党は日頃「国民が主人公」・「福祉の心」とかキャッチフレーズだけではないですが反格差社会的な政策ですが、この党の人たちに「“弱者”の気持ちが本気でわかるのか?」と言う見方をすると、あまりそういう雰囲気がにじみ出ていないような感じがあるようです。
 
 ちょっとそれましたが、強い者の味方・長いものにカバレロ巻かれろ的な風潮がまだまだあると、どこかの都知事みたいな候補がなかなか負けない。まあただ、牛久市長選挙に於ける大衆一般の投票心理はさっぱりわかりません。
2007/09/30(日) 20:26:36 | URL | よるの黒茶 #ge0p/rmg [Edit
黒茶さん、長文にコメントありがとうございます。なにしろ、今年は選挙が多かったですからね。市議選以来、いろいろ考えさせられることの多い半年間でした。

「敵の敵は味方」という言葉は、戦乱の時代の中国に生み出されたものですから、この命題が真であるのは、「私」と「敵の敵」が同等の力を持ち、両者ともに利益を得るような挟み撃ち戦術の場合に限定されるときのみであるように思います。記事にした場合の「私」と「敵の敵」は権力上のあらゆる点において差があるので、それが「味方」であるというのは間違いなく勘違いなんですね。その勘違いを誘発する材料として、小泉・麻生に代表される弁舌の「軽さ」やホリエモンに代表される幼稚性があるのだと思っています。親しみがあるから同等であるように勘違いしてしまう。

その心根が差別に通ずる問題であることは住井さんのおっしゃるとおりだと思いますが、これ果たして住井さんのおっしゃるように、日本だけの問題なのか。こんな恥ずかしい心理は隠蔽するのが世の常でしょうからね。ナチスのユダヤ人虐殺や日本の南京虐殺をなかったことにしようとしたり、沖縄の集団自決を無かったことにしようとしたりする歴史修正主義者の存在するゆえんです。

共産党の志位さん、私も一度会って、その真意を問いただしてみたい一人です。私のような非常勤講死に対する施策も、奨学金返還の減免など打ち出しておられるようですが、かなり大きな組織なうえ、理念が先にある政党ですから方針転換も難しいのでしょうね。「年収300万円時代の経済学」の森永卓郎さんやリハビリ問題の多田富雄さんなどを候補者にして、社会民主主義的な政策を訴える政党があればいいのにな。

私の立場を代表してくれる人、ということになると、アメリカよりの今の政治学・経済学領域からはなかなか出そうにありません。

留学経験のない私が言うのも何ですが(国文学なので必要を感じなかったが、今にしておけば一度くらい行っておくべきだったかな…)、なぜ政治家の卵や官僚の卵は英語圏にばかり行きたがるのか。ああいう、現在や過去に世界の覇権を握っちゃったような島国ばかりに偏るのはあまりいいことだとは思えないのです。絶え間ない戦争と、差異のはっきりしない同質性を隣国との間に保持していることによって多元的な視野を含み、民主主義や社会主義、あるいは福祉の精神を生み出し、育んできたヨーロッパに行く人がもっと多くてもいいと思うのです。

2007/09/30(日) 21:39:44 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
確定しましたね
>日本だけの問題なのか
 勿論日本だけとは思っていません。米国も、白人→黒人→アジア系という“階層”ができちゃってますよね。それは日本より酷いです。

 新自由主義的な傾向については、米国のやり方が「世界の全てだ」みたいな報道がまだ多いですが、欧州の社会民主主義の情報はもっと日本一般人が知ってもよいのかもしれません。
2007/09/30(日) 23:24:03 | URL | よるの黒茶 #ge0p/rmg [Edit
イケノベ当選の報を聞きました快腸です。

経営者の首長についてチョイと考えてみました。
結論から言うと、経営者の首長は悪くないと思います。ただし
キンキン先生の意見と対抗するわけではなく、土俵が違います。
(むしろ支持)

経営者にはいろいろなタイプがいます。
ただこれだけは言えるのは、近年の経営者に横柄な人は
そんなに(かつて程は)いないと思います。

そもそも経営者の仕事は何か、と考えたとき、明快な解答が出ます。
それは人をまとめることにあります。経営者は指揮者と同じ、モノを
相手にしないでヒトを相手に仕事する特性があります。営業マンは
モノを使ってヒト相手の仕事ですが、経営者は完全にヒト相手です。

経営者は組織の良好な営みのため、ヒトとヒトを繋ぎます。
これは首長に必要なスキルと考えます。そこで逆の発想があります。
議員が経営者ではおかしい、ということです。
議員はある程度の民意をまとめますが、政策と言うモノを相手にする
仕事だと思います。(政策はヒトのためのモノとします)
首長は議員なり行政をまとめていればよいだけの話です。
別に「経営者発想」というのが特別なウリにはなりません。


今までの話は地方自治に限った話でした。
国会議員は話が変わってきます。総理が議員から選ばれるからです。
地方首長は、議員ではない候補者がありえるのです。

経営者の悪いイメージが先行するような社会がおかしいです。
私も経営者の一人ではありますが、世の中の経営者は発想の転換が
必要です。

経営者にしても首長にしても、まとめる力だけでも確実にあればいいと思います。
イケノベ流休暇廃止案、私は半ば賛成ですが、これを果たしてどう持ち出すか。
ちゃんと役人と議論なり説得しているのか、動いているのは現場ですから、
いくら上がゴリ押ししてもダメなんですよね。ただ空転を招くだけ。
その現場が意欲を失ってはおしまいです。

イケノベ氏や羽柴秀吉等、経営感覚をウリにするならもう一歩考えて欲しいです。
会社の実績は政治において何のプラスにもなりえません。

よって私もどちらかというと福田支持でした。
社長の悪い印象は小泉総理に全て出ていました。
小泉総理の政策はほぼ賛同します。でも手法はよくないですね。

対話は大切です。でもあまり連呼すると某価学会・・・かな
2007/10/01(月) 09:07:57 | URL | 快腸 #psq.nIB. [Edit
黒茶さん
外国云々は、集団自決に関する歴史修正主義を言いたかっただけだったりしますのでお気になさらぬよう願います。ヨーロッパのあり方、SICKOはその意味でいい映画でしたよ。フランスやイギリスの実態がアメリカ人だけではなく、日本人にとっても新鮮に見えたのは、やっぱり日本がアメリカの属国だからなのでしょうね。。。

快腸さん
経営者、といったときに、いろんなタイプが存在するのは当然のことですが、怒鳴り散らしていうこと聞かせる、というのはダメ経営者でしょうね。今の時代の経営者に必要な資質とは何か。といって私は経営者でも何でもないんですが、そのときにこのやり方ではなあ、時代劇のいじわるな庄屋という感じでした。

それにしても、投票率が低かった。。

本文に「「今の自分に近い立場・境遇の人」に一票を入れる」と書いてみて、これは牛久市長選ではなく、いずれ来たる衆院選のことを考えてみてのコメントだったのですが、民主主義の社会では貴賤にかかわらず一人一票ですから、みんなが自分の立場に近い人に投票すれば、格差が広がったときには貧困層代表が増えて、格差が縮小する方向に動いていくんじゃないかと。めちゃくちゃ単純な発想です。

ところが、負け組の人は選挙に行かない。それは別に彼らに政治に対する関心がないからではなくて、社会が固定化してしまって2世3世議員ばっかりになってしまったため、あるいは選挙に出る人は負け組の人の心情を代表しないため(だって選挙に金かかるし)、投票したい人がいなくなっちゃったということだと思います。その、多くの人たちの代表者がいてほしいというのが私の切なる願いです。
2007/10/01(月) 10:35:22 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。