--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.09.03 *Mon

上岡敏之・ヴッパータール交響楽団のCD発売予定

きたる10月14日、つくば市ノバホールで演奏会を行う
上岡敏之&ヴッパータール交響楽団
のCDが発売になるそうです。


2007.10.9 日本先行発売予定

■チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(2007.5.13-14収録)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2618939
■ブルックナー  :交響曲第7番(ハース版)(2007.9.8-9収録予定)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2618940

いずれもヴッパータール・ヒストーリッシェ・シュタットハレにてライブ録音
※アフィリエイトではありません。念のため。

両曲とも、今回の日本公演で演奏する曲目。いわゆる来日記念盤ですが、これまで上岡&ヴッパータールのCDは現地ファンのために会場で頒布されるような感じだったので、入手は困難でした。私は予約して、演奏会のあとでサインもらおうと思います。

CDじゃなくて生演奏を聴きたいと思う方はこちら!

http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-161.html

■ヴッパータール交響楽団演奏会(指揮とピアノ:上岡敏之)
 2007年10月14日(日)午後3時開演 ノバホール
 〈曲目〉
 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番(ピアノ弾き振り:上岡敏之)
 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

 〈料金〉S:5000 A:4000 B:3000 C:2000
 〈主催〉つくばコンサート実行委員会http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/

ヴッパータールという地名は検索に引っかかりにくいんでしょうか。
つづりはWuppertalですが、「ブッパタール」「ヴッパタール」などの表記が混在しているようですね(ぜんぶ並べとけば気づいてもらえるだろうというセコい判断)


それにしても…
> 『未来のシュ-リヒトとして、ぼくが最も期待する若手、上岡敏之。公演に
> は全て足を運び、少しでも多く彼の才能にふれてみたい』-宇野功芳-

とのことですが、つくばコンサートにお越しいただけるのですね、コーホー先生!!
スポンサーサイト
COMMENT : 15  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

COMMENT

第5は最近プレトニョフが時代掛かった大芝居をやってのけたので、上岡公演が愉しみだ。

ところがその日は風邪をひく予定なので、代理で会長を仕向けるといえよう。
2007/09/05(水) 15:21:35 | URL | 宇野○ポーコー #psq.nIB. [Edit
昨日のアクセス数が多くなったもう一つの理由は、私がブログに大先生の名前を掻いたからでした!
先生、やたらめったらぐぐられてます!!
2007/09/05(水) 20:57:39 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
>CDにサイン  に反応して出てきてしまいました。
演奏会後にサイン会があるのでしょうか?
演奏会場で販売しているCDを購入した人だけが参加できる
といったことはないですか?
それなら私も絶対発売日に購入します。
ブルックナーは少し苦手ですが、チャイコフスキーの6番は
私の最も好きな曲の1つです。
上岡さんのチャイ6・・・・。早く聴きたいです。

いよいよ芸術の秋です。(大阪は連日猛暑日ですが・・・)
先日マゼール指揮・トスカニーニ響の演奏会に行ってきました。。
久しぶりに生の演奏に触れて、やっぱり、生の演奏は素晴らしい。と
つくづく感じました。

関東地方に台風が接近していますね。
お気をつけてください。
2007/09/06(木) 23:00:26 | URL | あか #- [Edit
あかさん、マゼール行ったのですか。実は私、昨夜マゼール聴きに行ってきました。台風でどうせ帰れないのと、翌朝も東京で外せない用があったので、思い立って宿を取って出かけました。パヴァロッティの追悼で、「運命の力」が演奏されましたよ。

サイン会の件、担当の人に確認していないのですが、あかさんのリクエストは担当の人に伝えておきます。つくば公演はツアー最終日だから、たぶんやってくれるんじゃないかな、と期待です。「演奏会場で販売しているCDを購入した人だけが参加できる」という件、これも一存ではなんともいえませんが、元々会場のキャパが少ない(999席です)のと入りが悪い(T_T)ので、そういう絞り込みをしたことはあまりないですね。

ところで苦手とおっしゃるブルックナーの7番ですが、これ明日演奏会があるんですね。ヴッパータールといえば往年の名ブルックナー指揮者クナッパーツブッシュとも縁の深いところ。名演を期待したいところです。
2007/09/07(金) 18:03:03 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
マゼール、行かれたのですね。
私も「運命の力」聴いてみたかったです。
それにしても、このオケ、全員がソリストとしう特殊なオーケストラのせいか、オケメンバー全員がビックリするくらい歌いまくっていたように感じました。

ブルックナーですが、CDは持っているのですが、情けないことに最後まで聴けた事がないのです・・・。ヴッパタール響のCDで、がんばって
みます。
『モーストリークラシック』に「悲愴」の現地での録音の様子がレポート
されていました。演奏が終わった後、感動のあまり立ち上がれなかった方や、涙ぐんでいる方がたくさんいらしたそうです。
一体どんな演奏なのでしょうか??2曲とも楽しみです。
私も予約して、つくばまで、持参します。
早々のご回答、ありがとうございました。

2007/09/07(金) 21:34:31 | URL | あか #- [Edit
私「シェラザード」好きなんですよ~。というとこのブログでは快腸さんが黙っていないんですが。

トスカニーニ響、いいオケでしたね。昨日は前半が「シェラザード」、そのあとでパヴァロッティ死去のナレーションが入って「運命の力」をやり、休憩に入りました。「シェラザード」はソロパートが各所で活躍するわけですが、各プレーヤーの歌と、その節回しを受け継いでゆく耳とに感心しました。コンミスのお姉さんが熱演でした。台風でお客さんの入りは6割くらいでしたが、嵐の夜に聴く「シェラザード」、なかなかよかったです。後半戦もぜんぶ「王女」に関係する曲で、エキゾチック感漂う、いい演奏会でした。

> 情けないことに最後まで聴けた事がない
ブルックナーの7番ですと、第2楽章まで聴いてアダージョにうっとりできればそれでいいんじゃないかという気もしたり。

ヴッパータールつくば公演の日がいいお天気であるよう、遠方からいらっしゃるあかさんのために祈りたいと思います。つくばエクスプレスは風雨にはやたらと強いのですが、東海道新幹線が、ね。。。
2007/09/07(金) 22:03:22 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
釣るのも釣られるのも好きな、でも海釣りは苦手なのにシェヘラザード好きな快腸です。妻はジェラート好きです。

トスカニーニ・フィルは行く予定でしたが、新車購入資金に充ててしまい断念しました。代わりにHMV通販で3万円ほどCD買いました。トンチンカンなのはわかっています。

マゼールのシェヘラザードは2つ、クリーブランド盤とベルリン盤を持っていまして、何のシンパシーも(略
ではないのですが、ベルリン盤はちょっとガックリ来ました。クリーブランドのは、いつもの妙なフレージングが
いくらか堪能できて、悪くないです。あとBRSOとの裏青盤もあります。

やはりベストとなければムーティ盤だ。物々しい冒頭から見事だ。息が詰まるような…略
ムーティ盤はこの物語を一番ドラマティックに描くのですが、強引なドライブにバリバリ付いてくる
フィラデルフィア管がとても気持ちいいです。トスカニーニが振ったらこうなるのかと。
ムーティはトスカニーニ・フィルとなんで仕事しないのか??
(マゼールはムーティとかなり親密です)


で、上岡さんですが、近年稀に見る大収穫・・・・ではなく、すごい才能を感じます。
表現がかなりロマンティックなので、一昔前の二番煎じっぽく聞こえますが、楽器も出来ない
某先生の指揮とは全然違います。叩き上げの底力のある、本物の指揮者だと思います。
弾き振りよりも、バトン一つで変わる統率に酔いしれたいと思います。
音楽が仮に偽者であったとしても(とは思いませんが)、実力は本物です。
首都圏の方は、安い安いノバホールへGOです。
ちなみに某先生とは
、、、( ´皿`)
2007/09/10(月) 17:19:50 | URL | 快腸 #psq.nIB. [Edit
むちむちムーティ
釣れた、釣れた、快腸釣れた♪

実はこのブログにいらっしゃる方の検索ワードで非常に多いのが、快腸さんが以前コメント欄に書いたベートーヴェン全集のことなんです(笑)しかも上岡/ヴッパータールつくば公演の宣伝まで、ありがとうございます。

ムーティのシェヘラザードは、ムーティマニアの快腸さんに以前教わって購入、以来愛聴盤です。EMIの特徴で録音が籠もった感じであること以外は大満足。この演奏の特徴を何だといわれると、溌剌としたところと濃厚なところのバランスがもたらす快感にあるのかなあと思います。そういう楽しさって実は分かりにくくって、評論の言葉にしにくいものですが、四の五の言わずに楽しめるという意味では、音楽の根源的な喜びに触れているような気がします。

ところで最近、wikiのムーティページをお見限りですね、快腸!
2007/09/10(月) 18:16:07 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
ムーディ○○
とは関係ありませんが、せっかくなので上岡さんの誇大宣伝を。

ムーティは私の好きな指揮者ですが、その本懐は実力にあります。
もっというと、演奏の内容は必ずしもよいとは限りません。
数年前に渋谷でやったベートーヴェンなんか辟易としました。

ムーティ伝説というと、スカラ座がスト起こしたとき、自分がピアノを
弾いて上演させてしまったのが有名です。指揮者と言うのは音楽に
全責任を持っているわけですから、これは当然といえば当然です。
皆さんのムーティ感は「バリバリ、イケイケ」というところでしょう。
やはりここがミソです。ムーティのようにオーケストラをドライブできる
指揮者って少ないわけです。現役ではかなり限られます。
「マーラー指揮者たち」というDVDを見ると、ムーティのリハーサルのうまさが
抜きん出て伝わります。オーケストラに緊張感を与えつつ、適度にジョーク出して
受け渡しの練習ばかり。あとはぶっつけ本番です。あのテンポの煽りカンタービレは
練習の賜物ではない、という事実に驚かされるわけです。

日本人だと2人います。一人は大野さんです。演奏は好きになれませんが
相当の実力者なのは認めざるを得ません。楽理や楽器法はもちろん、
オーケストラを本気に奮い立たせます。
次は上岡さん。ムーティ伝説再来の予感です。

詳しくは来て見て聞いて、ご判断下さい。私も真贋を確かめに行きます
2007/09/11(火) 15:52:43 | URL | 快腸 #psq.nIB. [Edit
迷う・・・
つくばが最終日なんですね。時間帯としてはみなとみらいとつくばしかチャンスはない。でも、みなとみらいは子連れで行くにはあまりに遠く、懐寂しく。会社休んでつくばへ行こう!・・・と言うのが可能ならいいんだけどなあ。。。
2007/09/15(土) 08:28:04 | URL | ken #- [Edit
快腸さん
昨日はいろいろとどうもほんとにありがとうございました。
ブーレーズ、なかなかおもしろかったですね。
ちなみにいまマイブームはムーディではなく小島よしおです。

kenさん
まあまあ、ご無理なさらぬよう。日曜出勤なのですね。。。
ノバホールは周囲に1日1000円くらいの駐車場はいくらでもありますから、複数でいらっしゃる方は車も割安でいいかもしれません。

ところで、すでにHMVのサイトでも紹介されていますが、記事に取り上げたブルックナー7番の演奏が、演奏時間90分超という、前代未聞のスローテンポ演奏として注目を集めているようです。録音スタッフも唖然(というか、CD1枚で収まらなくなるので青ざめたらしい)という状態で、さっそくHMVのクラシックチャート(14日)の第1位になっています。
2007/09/15(土) 22:47:44 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
>HMVのクラシックチャート(14日)の第1位

見ました。

せめてこれは聴きたい!
2007/09/15(土) 23:06:44 | URL | ken #- [Edit
kenさん

ブルックナー7番は私がブルックナーを好きになった曲で、マタチッチ・チェコフィル盤やヨッフム・アムステルダムコンセルトヘボウ盤をよく聴きます。後者はヨッフム最晩年の来日演奏(人見記念講堂)ですが、これがスローテンポの演奏として知られています。それでもCD1枚に収まってます。

果たして上岡・ヴッパータール盤が稀代の名演奏なのか、それともある種のトンデモ演奏であるのか、興味津々になってきました。
2007/09/16(日) 10:27:21 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit
上岡さんのインタビューを・・・
ここに、上岡さんへのインタヴュー文をサイトから引用させて頂き、載っけてしまいました。
OKを頂くメールを後付けで出したので、このままにしておいていいかどうかは分かりませんが。。。

http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_8a18.html

いいことを仰る方ですね。
ほれました!
2007/09/16(日) 21:26:50 | URL | ken #- [Edit
kenさん
記事ご紹介ありがとうございます。
ほんと、お客さんがたくさん入るといいなあ。
2007/09/17(月) 00:03:14 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

上岡敏之 『未来のシュ-リヒトとして、ぼくが最も期待する若手、上岡敏之。 公演には全て足を運び、少しでも多く彼の才能にふれてみたい』-宇野功芳といえよう。- 上岡敏之 CD チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(2007.5.13-14収録) ブルックナー:交
2007/09/19(水) 00:34:11 | PukiWiki/TrackBack 0.1 [Del


プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。