--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.08.21 *Tue

能登の味覚は潮の味~がんばる能登紀行(3)

珠洲とその周辺その2。ちりんちりん。

今回の旅行でたいへん役に立ったガイドブックが、「ぶらり能登ガイドブック」。
http://www.notohantou.net/other/guide_naiyou.html
あちこちでスタンプを押してもらえ、それで懸賞に応募できます。それから、立ち寄りポイントでおみやげももらえたりと、たいへんお得なパンフレット。しかも行政がやっているので無料。

能登町宇出津の中保煎餅店で、潮せんべいを買いました。
潮せんべいは南部せんべいともちょっと違う風味。

ぱっと見、こぶりな南部せんべいというところですが、ちょっと風味が違います。
http://www.groovy-net.co.jp/oishii/img01award/005nakaho.html

上記のガイドによると、本店にいくと焼きたて一枚プレゼントということでしたが、実際に行くと「焼きたてがないので…」ということで、いろんな種類の潮せんべいをくれました。その数なんと十数枚。若い女性(ご主人のお嬢さんのようです)が対応してくれましたが、ブルーベリー風味など、新しい味も工夫していました。ご主人とも話をしましたが、自らの仕事に誇りを持っているようすで、80年以上前から使う機械について自慢をしてくれました。

塩といえば能登は塩田が有名です。
2箇所立ち寄りました。

まずは新海塩産業。
http://www.suzutennen-shio.jp/

ここの塩は塩田ではなく、すだれ方式です。
すだれ

くみ上げた海水をスプリンクラーでスダレに振りかけ、蒸発を促して濃度を高めます。
この濃縮海水を大鍋でゆっくり煮詰めます。
大鍋


塩を煮る煙立つ


この過程で、こんなきれいな結晶もできます。

塩のぴらみっと


お店では、コーヒーやお茶、スイカを食べさせてもらいました。
コーヒーに微量の塩を入れると旨みが増すということです。
前述のガイドブックを提示するとおみやげに塩をくれました。実は別の場所でももらったので、今はちょっとした塩長者です。

道路を走っていると、塩田もありました。
塩田


そして有名な千枚田。
なんまいだ~せんまいだ~


能登の人の米作りにかける努力と叡智に感動しました。

能登の米作りといえば、海沿いのぎりぎりまで田んぼがあるのにも驚きます。集落も海沿いに広がります。

珠洲の集落


能登の恵みは塩と米。そして魚、と食の基本がしっかりできているのです。
ひまわり


最後にゴジラ岩。
ゴジラ松井は石川観光大使。



■ダイコクブログ。がんばる能登紀行。
 http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-199.html
 http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-200.html
 http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-201.html
 http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-202.html
 http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-204.html

そういえばゴジラ松井は石川観光大使を務めており、能登キャンペーンにも一役買っているようです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。