--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.07.30 *Mon

敗因は「年金」や「大臣の失言」だったのか。

参議院選挙が終わって、当選者もほぼ出そろったようです。

今回の与党惨敗の原因に関しては、これから多くのメディアや識者によってさまざまな分析がなされるだろうと思います。私はしょせん素人ですから、根拠なく感想を記そうと思います。

いまテレビ見てますと「年金」「大臣の失言」といった問題が取りざたされているようですが、私の印象では、それは言葉に表れた不信感であって、明文化されない不信感というものが、とくに安倍晋三という人に対してあるように思います。

それは、安倍晋三という人のある種の得体の知れなさ、というか、宗教的な「なにか」にあると考えています。彼はまず首相に就任する前から「靖国に参拝したかしないかを公にしない」ということを述べました。小泉前首相の場合はおおっぴらに靖国参拝を果たし、内外から批判を浴びましたが、それによって議論を喚起した。それは言論の自由にとって意味のある結果をもたらしたのだと私は思っています。しかし、「行ったか行かないかを公にしない」ということは他者による論評や議論を封殺する。そして、余人に計り知れないなにかを抱え込んでいるようにみえる。

同様な「余人に計り知れないなにか」を感じさせることが「美しい国」という彼のキャッチフレーズにありました。いま、「これも「美しい国」ですか?」という形で逆説的に用いられる場合も多い「美しい国」という言葉ですが、「美しい」という言葉が評価の語である以上、そこには評価の尺度と、評価の主体が必要とされます。そこを明示しないキャッチフレーズは政治家の言葉としてはなはだ稚拙、というのが通り相場ですが、むしろ私には「余人に計り知れないなにか」を尺度としているように見えます。「戦後レジーム」という言葉もそうです。「戦後レジーム」が日本国憲法を指すのか、日米安保体制を指すのか、非核三原則を指すのか、まったく余人には理解できないまま言葉は踊っていきました。

その一方、周囲を身内(しかもおじいさんの時代からの身内)で固め、彼らが不祥事や失言を起こすと彼らをかばい、責任を問わないという姿勢をとり続けたこと。そして選挙に際しての自らの責任ラインを示さなかったこと。これらが「余人に計り知れないなにか」を増幅させていったのではないでしょうか。私思うに、もし「○○議席とれなければ辞める」と明言していたら、もうすこし票は伸びたでしょう。

そして今日、ついに「責任は痛感するがやめない」という発言に至ります。「謙虚に耳を傾けるべきは傾け、私の目指す国造りの為に努力したい」という「私の目指す国」、もっといえば「私」の内実は不明なまま、言葉は踊り、彼はどんな批判にも態度で示すことなく首相をつづけるのだろうと思います。そしてこれを与党の多くの政治家が支えようとしていることに、「余人に計り知れないなにか」を共有している層は政権の中に確実に存在しており、彼らは「余人に計り知られること」のないよう、物事を進めているのではないか、と不信感は募ります。会期末に強行採決を連発したこともその印象を深めます。つまり、議論・批判を封殺して余人に計り知れない尺度で物事を推し進めた、という印象が広まっていた。

そこに、安倍晋三という人のかかえこんだ「宗教的」といってよいなにかがあるのではないか。

というとオカルトじみますが、「暖簾に腕押し」、ぬらりひょんな印象の裏に、なにかがあるのではないか、と感じさせるところに、大きな不信の根はあると思った次第です。今度は「なぜ辞めさせることが出来ないのか」という計り知れない疑問を感じさせつつ、明日以降も政権は運営されていくのでしょう。実に安倍晋三という人らしい選挙結果となりました。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

COMMENT

>安倍晋三という人のかかえこんだ「宗教的」といってよいなにか

>ぬらりひょんな印象

>「なぜ辞めさせることが出来ないのか」という計り知れない疑問

となると、次は「妖怪大戦争」しかないですね。
本当に、平安時代からこの国にいついている亡霊の世界を見るような印象でした。

「お化け」、好きだから、「現代妖怪研究」でも出版されたら買いたいな。
誰か書かないですかね。
妖怪大戦争攻略には書かせない逸品を。
2007/07/30(月) 19:17:08 | URL | ken #- [Edit
そういえば、おじいさんは「昭和の妖怪」と呼ばれた人でしたっけ。どうもこの方がリファレンスにしているのはおじいさんの言動やその時代に培われた人脈であるように思いますが(赤城大臣のおじいさんは岸政権の大臣だった)、つまりは目線が「今」に向いていないのでしょうね。過去の理念、それも「妖怪」と呼ばれたとばりの向こうを見つめているのでしょう。

しかし、そこに付いていく人が大勢いて、これほどの敗北に際しても居直りに対して反旗を翻す人がいないということは何か奥深いものがあると思うのです。彼らの出自は長州で、明治以来の長い権力の基盤があるところです。私は、この一族が山県有朋以来の近代日本の光と闇を背負っているような気がしてならないのです。だから、岸-安倍という一族を支えてきたものとはなにか、という研究もなされてよいと思うのです。

むかし立花隆が田中角栄を研究したように、安倍家三代を支える背後を徹底研究できれば血の気も凍る「現代妖怪大研究」が書けるんじゃないかな、とジャーナリズムに期待しているのですが。それとも、成り上がり者の田中角栄ならその背後を暴露できても、背景の深い安倍晋三では書けないのかな?

…これまたオカルト話になって参りました。
2007/07/30(月) 20:04:54 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

自公の大負けはいいんだけど、自公批判票が民主党に集まり過ぎたな~。共産党はそのへんちゃんと捉えてほしい。
2007/08/01(水) 02:09:37 | 喫茶おとりこみ中。 [Del


プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。