FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2006.12.10 *Sun

リハビリ日数制限「撤廃」に賛同した国会議員の方々

全国保険医団体連合会HPで、リハビリ診療報酬改定を考える会(代表:多田富雄)と全国保険医団体連合会が各国会議員に送った手紙と、賛同の意を表明した議員の一覧が発表されています。

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/unndou-news/061205riha-sanndou.html

自民の議員数がえらく少なかったり、公明党議員がひとりも賛意を示していなかったりと、与党の冷淡がうかがえます。なるほど政府与党というくらいで、厚生労働省の立場を代弁した議員が多いということになるんでしょう。

※ただし、自民党議員は「リハビリ制限検証」連盟という組織を立ち上げており、討議中と言うことです。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/health/28404/

その厚生労働省の立場を説明するために、リハビリ学会の大物は自民党の勉強会に参加し、「日数制限は問題なし」という発言をしているわけで、産・官・学共同のスパイラル状況が起きているように思います。

一方、国会の論戦では、180日とか90日とか言った打ち切り日数にはまったく医学的・統計的な根拠のない、細川元首相が使った言葉で言うと「こしだめ」であったことが明らかにされています。
http://blog.goo.ne.jp/craseedblog/e/6e9373dd052bc335a07e7a1380d7cfe1

(主に福島みずほ議員に対する水田邦雄保険局長の答弁をもとにした、道免氏のまとめ)

1)厚労省が根拠としている『高齢者リハビリテーション研究会』では、リハビリ日数に制限が必要かどうかの議論はなかった。議事録のどこにもない。
2)高齢者リハビリテーション研究会の中で「長期にわたって効果が明らかでないリハビリが行われている」と発言した委員はいなかった。
3)したがって、「長期にわたって効果が明らかでないリハビリが行われているという指摘があったので、制限を設けた」という厚労省の説明は、虚偽であったと言わざるを得ない。
4)全く議論されなかったことが、何者かにより、何らかの意図によって、報告書の1項目に挿入された。
5)「関連学会と調整して日数制限を設けた」との厚労省の説明も、リハビリ医学会から出された日数制限に反対する意見書により、虚偽の疑いが出てきた。
6)80%が100日以内に終了しているという事実は既に十分に短期集中リハビリが実施されてきたことの証拠であり、長期にわたって行われるリハビリは、全体からみればごく一部である。必要に応じて適切に実施されていた平成17年度までの状況を是正する必要性は見当たらない。
((6)は道免さんのまとめです)

ところで全国の各紙に、リハビリ日数制限による被害(「リハビリ難民」と呼ばれる場合が多い)が報道されています。

これについてはここの下部にまとめがあります。
http://www.craseed.net/

速報としては道免さんのブログにものすごい量の報道が掲載されています。
http://blog.goo.ne.jp/craseedblog/

ご参照ください。


《追記》

ところでこのリハビリ日数制限や生活保護の母子打ち切りといった弱者切り捨て策は小泉首相時代に出された「骨太の方針」に示されています。

この「骨太の方針」には1兆6000億円の社会保障費削減が謳われております。1兆6000億という金額が、低所得者や病人といった社会的弱者から奪われることは、比喩でなく生命の危機を招きかねない事態であり、以前に白頭庵さんが引用してくれたように、憲法の掲げる理念に照らして許されない事態であると思われます。

骨太、ねえ。。。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

COMMENT

こんにちは
身内がまさに『リハビリ難民』になりそう。

困ったもんですね。
2006/12/23(土) 13:50:14 | URL | gomez_the_cat #vBYErOnA [Edit
gomez the catさん
コメントありがとうございます。
「リハビリ難民」嫌な言葉ですが、gomezさんにとってはまさに実感ではないかと推察いたします。ご家族の精神的・時間的また金銭的負担も大きなものになると思います。お身内の方のご病気は個人の問題ですが、それに対する公的なサポートの打ち切りは社会の問題です。どうぞあきらめず、リハビリ医や地元の行政機関やら議員やらに相談をもちかけ、最善の手段を探してください。そして、じゃんじゃん声を上げていきましょう。私もどしろうとですが、この問題について執筆や行動をしていくつもりです。
2006/12/25(月) 11:26:14 | URL | キンキン@ダイコク堂 #lUPQEYyE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

雑誌現代思想11月号、特集=リハビリテーション、に 多田富雄が、8頁の文章を寄せている。普通の学者なら楽に書けるだろうが多田富雄は身体の自由がきかない。おそらく、不自由な手による長時間のワープロ打ち込み作業からなったとおもわれるこの原稿p34-41をわれ
2006/12/28(木) 05:12:11 | 試稿錯誤 [Del


プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。