This Archive : 2009年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.01.10 *Sat

読売日本交響楽団演奏会(5/16、ノバホール@つくば市)

本日、私も一員として活動しているつくばコンサートの主催する公演のチケット発売がありました。今回の催しはオーケストラ、人気指揮者と人気ソリストが同行して名曲を演奏します。

■読売日本交響楽団演奏会
 2009年5月16日(土)午後2時開演
 指揮:小林研一郎
 ヴァイオリン:川久保賜紀

 モーツァルト:フィガロの結婚序曲
 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
 ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
 料金:S5000~C2000、当日学生券1000(36席のみの発売です)
 ノバホール、ヤマハつくば店、チケットぴあにて発売中。
 問い合わせ:029-852-6470(実行委)

☆メールでのチケット申し込みはこちら!!
http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/ticket.html


指揮者の小林研一郎さんは「炎のコバケン」と称される、情熱的な演奏でおなじみの方です。曲目も名曲揃いだし、「クラシックコンサートに行ったことないんだけど。。」なんて人にもおすすめです。

《急告》
C席ほぼ売り切れたようです。残る席数は1/3くらいだとか。
チケットはお早めにご入手下さい!!
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.01.10 *Sat

映画「蟹工船」上映会(1/24、at土浦)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
松も明けてしまいましたが…。

次のような情報をいただきましたのでご紹介いたします。

『蟹工船』上映
●2009年1月24日(土)14時と19時
●土浦市亀城プラザ文化ホール(亀城公園前)
●前売券800円(エスカード牛久の浩文堂書店などで取扱)
●当日券1000円(100円割引のチラシがあります)
●主催:映画「蟹工船」を上映する会
●問合せ先:土浦民商029-857-5338、茨城映画センター029-226-3156

このブログでも、かつて「蟹工船」ブームについて書いたことがあります。

そこで私はこんな主張をしました。自説の引用はこっぱずかしいのですが、一応。

いま私たちが「蟹工船」から汲み取るべきは「団結」なり「連帯」であると考えます。現代社会における個人は、正体の見えない巨大な資本の力の前に、誰もが孤独でかつ個性の稀薄な「消費者」(「労働者」である前に)である。ここから「個性」を回復し、さらに「連帯」を通して「人間の弧」を形成してゆくこと。


とまあこんなことを偉そうに書いてみたわけですが、どうも先日の「派遣村」に対する政治家の発言などを見ていると、我々は「団結」や「連帯」の前に他者に対する「共感」とか、「人の身の上を思いやること」といったところから再構築していかなければならないようで…。その要素がないと、現在の正規雇用主体の組合と非正規の彼らが「団結」「連帯」し、人と人との「弧」を形成することはできません。それではいつまでたっても私たちは「孤」のままです。

「蟹工船」の新しい映画が撮影されているようです。そこにきちんと人と人との「弧」が描かれているかどうか、興味深いところです。

ところで、「蟹工船」ブームのうれしい余波がありまして、それは代表的なプロレタリア文学作品の文庫が発刊・復刊されつつあることです。

○徳永直「太陽のない街」(主婦の友社、¥525)
○葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」(角川文庫、¥380)

それから、「蟹工船」に関する評論・研究や同時代評、代表的なプロレタリア文学作品を読むには、

○「小林多喜二と『蟹工船』」(河出書房新社、¥1575)

がおすすめです。
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。