This Archive : 2008年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.06.27 *Fri

ベッド柵で首挟み死亡、理学療法士を書類送検へ

久しぶりのリハビリ問題。
今回は医療事故に関する新聞記事です。

--

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080620-OYO1T00222.htm?from=main2

ベッド柵で首挟み死亡、理学療法士を書類送検へ…滋賀

 滋賀県東近江市の病院で2004年11月、入院中の女性(当時71歳)がリクライニングベッドの転落防止用の柵の間に首を挟まれ死亡した事故で、滋賀県警は、担当の男性理学療法士が注意義務を怠ったとして、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めた。

 同県竜王町小口、無職礒田輝子さんは同年9月、脳梗塞(こうそく)などで蒲生町国民健康保険蒲生町病院(現・東近江市立蒲生病院)に入院し、左半身にマヒがあった。捜査関係者らによると、同11月2日午後4時45分ごろ、理学療法士が個室で礒田さんにリハビリ指導後、傾けたベッドに座らせたまま病室を離れた。

 約1時間10分後、礒田さんが、ベッド脇にある柵(高さ約25センチ)のすき間に首を挟まれ、意識不明になっているのを准看護師が発見したが、翌日、死亡した。

 県警は、礒田さんが傾斜のあるベッド上で体が傾いたはずみで、柵のすき間に挟まった可能性があるとみており、理学療法士が病室を出る前にベッドを平らにするなどの注意義務を怠ったことが事故につながった、と判断した。

 遺族は05年12月、町(現・東近江市)に計2800万円の損害賠償を求める訴訟を大津地裁に起こし、現在係争中。

(2008年6月20日 読売新聞)

--

これだけでは具体的なことがよく分からない記事です。

普通に考えて、理学療法士に一定の責任があることはたしかだと思いますが(ナースステーションへの申し送りなどが適切に行われていたかどうかなど)、果たして理学療法士のみの書類送検が適切な処分であるかどうか。死者が入院患者であり、入院患者に対しては医師・看護その他の病院全体として診療に当たる以上、その安全は直前の担当者だけに帰せられるものではないと考えます。また、柵付きベッドに挟まれる事故についてはこれまでにも問題になってきた経緯があります。

複合的な要因によって起きた事故に対して、個人を処罰して単純化するような解決方法は、根本的な解決を遅らせ、再発防止を遅らせる結果になるのではないかと危惧します。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2008.06.24 *Tue

つくばコンサートの活動が朝日新聞で紹介されました。

本日、朝日新聞茨城版につくばコンサートの活動が紹介されました。

http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000806240002

市民の手作り、つくばコンサート25年。

2008年06月24日

 音響の良さで知られるつくば市のノバホールに国内外から演奏家を招く「つくばコンサート」が25年目を迎えた。市内に住む研究者や主婦ら音楽愛好家でつくる実行委員会が人選から運営まで行い、150回の手作りコンサートを開いてきた。151回目となる7月6日は、若手ギタリスト村治奏一のリサイタルを企画している。

 つくばコンサートは科学博の前年の84年に始まった。実行委員会が学園都市の研究所に縁の深い企業からの寄付を受けて開催してきた。ピアノのウラジーミル・アシュケナージや指揮の小澤征爾を招待したこともある。

 企画と準備の会合を毎月開き、「知名度より実力」を目標に人選する。入場料は都内の相場の半額に設定し、つくばエクスプレスを利用して都内から聞きに来る人も多い。

 7月にリサイタルを開く村治奏一は1982年生まれ。幼少のころ、父親の手ほどきでギターを始めた。99年、渡米。デビュー盤となったCD「シャコンヌ」(03年)はレコード芸術誌の特選盤に選ばれ、06年には本格的な米国デビューを果たした。

 ニューヨークのマンハッタン音楽院に留学中のため、日本での演奏活動は夏休みなどに限られるが、20代の若さながら姉のギタリスト、村治佳織に劣らぬ実力の持ち主だ。実行委は「多くの力のある若手ギタリストが日本から生まれているが、村治奏一は演奏の技巧と音楽性の両面で傑出し、世界レベルの逸材」と絶賛している。

 曲目はバッハ「シャコンヌ」、レゴンティ「夢」、ソル「第7幻想曲」など。午後3時開演。入場料はA席2500円、B席2000円、C席1500円。問い合わせはつくばコンサート実行委員会(電話029・852・6470)。



■7月6日、村治奏一ギターリサイタルにぜひお越し下さい。

記事では触れていませんが、当日学生券も販売されます。
ギターキッズ諸君、ぜひ村治奏一を聴いて(見て)みて下さい。
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.21 *Sat

東京ムジークフロー

明日22日は本ブログのリンクであるkenさんがコンサートマスターを務めるアマチュア・オーケストラ「東京ムジークフロー」の第45回定期演奏会があります。

Tokiomusikfroh




詳細は上記のバナーをクリックしてみてください。

ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」は美輪明宏さんがご自身の芝居で使う音楽です。生で聴けるのは珍しいんじゃないでしょうか。お近くの方、遠方の方もぜひどうぞ。
COMMENT : 7  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.19 *Thu

トヨタの「エコ替え」CMを糾弾する!

「エコ」という言葉にうさんくささを感じる人が増えているように思います。

「エコ」の思想自体を否定するつもりはありませんし、このブログのリンク先でもある「環境を意識した日々」を送ることは、世界人口が50億を超える今日、Co2削減などおおいに有効だと思われます。

しかしながら、「エコ」という言葉を濫用する場合が、ことにテレビCMに増えているように思います。

最悪の一例が、トヨタの「エコ替え」です。

菊池桃子が「この電球、まだ使えるけど(環境に優しいほうに)、替えよう」
というと、
関根勤が「この車、まだ乗れるけど、(環境に優しいほうに)、替えよう」
というCMです。

詭弁ですらない、この論法。なんというか、この頭の悪さをどうしよう。と夕暮れの山路をとぼとぼとうつむいて歩きたくなるほど、むなしく、悲しい気分に襲われるCMです。まちがいなく、近年最低のダメCM。真の地球環境保護、温暖化阻止の取り組みの努力に対する最悪の冒涜として、批判したいと思います。

COMMENT : 13  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.06 *Fri

村治奏一ギターリサイタル(7/6)について

6月1日に開催されたラ・プティット・バンド演奏会につづき、つくばコンサートでは7月6日に村治奏一ギターリサイタルを開催いたします。

名前でお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、村治奏一は村治佳織の弟さんです。私はお二方とも生演奏を聴きましたが、兄弟で同じ曲を演奏しても方向性が異なるようで、かなり印象の異なるギタリストです。

すでにつくばコンサートのHP:
http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/
で紹介済みですが、本日夜10時よりテレビ東京系で放送される「たけしの誰でもピカソ」で紹介されるようです。テレビに出れば偉いってことはありませんが、実力は凄いんだからお姉さんに負けない知名度を獲得してほしいな、と思います。

ところで、懸案だったつくばコンサートHPが大きくリニューアルされました。
ベレゾフスキー・リサイタルがご縁で新しく実行委員に加わったSさんはHP作成やチラシ等のデザインのエキスパートで、これからつくばコンサートの印象もがらっと変わるはずです。私なんかも負けじと、どんどん改革していきたいと改めて思います。

そういう改革と、つくばコンサートがはじめた「学生当日券」は同じ路線上にあるものです。今日も某市の市議会議員の方と話をしてきたのですが、地方での文化活動はどうしても高年齢層にかたより勝ちです。しかし、ある程度年齢のいった方はすでに自分の趣味嗜好というものが確立されていますから、なかなか新しいジャンルには飛びこみづらいものです。

一方、今の若い方、ことに学生さんは仕送り額が少なく(生協の大学生生活実態調査に寄れば、20年前の3/4にまで落ち込んでいます)、アルバイトをしないと遊びには行けないという感じになっています。また、そこにつけ込むようにして、社会は学生を完全に単純労働力と見なしています。そして就職産業は3年生くらいから市場参入を促します。これではなかなか未知の世界に接すると言うことは困難という現状があります。本来、学生なんて暇で暇でしょうがなくて、それで読書や音楽の世界に接したものだと思うのですが。。。

それはさておき。

どうせ古くさい音楽だろう、とか思う前に、一度だけでいいから(できれば数回くらい)一流の演奏に接してほしいと思います。そのために1000円という値段で2階席を解放します。1000円なら映画より安いです。ぜひお試し気分で来てください。
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.04 *Wed

ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器

6月1日に開催されたラ・プティット・バンド演奏会。
つくばコンサートの記念すべき(だったが銘打つのを忘れた)150回公演。

お越しになった方のブログでもその名演が紹介されました。
http://ameblo.jp/chibaweblog/entry-10102556648.html
充実したミクロコスモス、ってうまい表現だなあ。

この公演での売りの一つが、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという名前の楽器でした。ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラとは、肩からベルトでさげ、弓で弾くチェロのこと。バロック時代に使われたそうですが、長らく絶えていた楽器です。

今回のラ・プティット・バンド演奏会では、ヴァイオリニストのシギスヴァルト・クイケンがバッハの無伴奏チェロ組曲第1番で独奏を、そのあとの曲目でもチェロパートを弾き通しました。鄙びたいい音色で、うっとりした方も多かったようです。

ところでこのヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ。現在、これを弾きこなして演奏を行っているプロの方は世界で5人ほどしかいないんだそうです。

その一人に、日本人ヴァイオリニストの寺神戸亮さんがいらっしゃいます。

このたび、この寺神戸さんがコロンビアレコードからバッハ無伴奏チェロ組曲全集を発表しました。それを記念して、コロンビアがスペシャルサイトを作っています。

http://columbia.jp/artist-info/terakado/special.html

さらに、解説映像まで。

http://columbia.jp/artist-info/terakado/COGQ-32-3.html#movie

つくばコンサートを聴きにお越しで「なんだあの楽器は」とお思いの方もいらっしゃったようなので、ご紹介いたします。ヴァイオリニストがバッハの無伴奏チェロを弾く。きっとヴァイオリニストにとってうれしい選択肢なんでしょうね。そしてこの鄙びた音色を楽しめる私たちにもうれしい情報です。
COMMENT : 3  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.04 *Wed

トラックバックに関して

最近、英語で書かれた得体のしれないトラックバックが多く、閉口しております。
一日、数百になりまして削除もうんざりなので、
本文に言及リンクのないトラックバックを受け付けない設定にいたしました。

とはいえ、あんまりトラックバックもないんですが。。。
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。