This Archive : 2007年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.09.29 *Sat

選挙に思うこと。

9月30日は牛久市長選挙です。


私が住んでいる牛久では、今年3回の選挙がありました。市議選と国政選挙の参議院選、そして明日行われる牛久市長選挙です。最近では自民党の総裁選挙なんてなものもあって、選挙イヤーな感じです。もっとも、最後の自民党総裁選は私には投票権はありませんが(茨城県は予備選挙やらなかったのかな?)。

自民党の総裁選挙を見て、明日投票に行く牛久市長選挙のことをどうしようか、なんとなく考えました。以下、つらつら考えたその思考過程を自分への覚え書きとして記しておきます。

3世のセレブに属していた安部晋三氏が政権を放棄したとき、自民党総裁選に出馬したのは、麻生太郎氏と福田康夫氏でした。ともに総理大臣の子孫であるという点において、この3者が特権階級に類する人であることは疑いの余地がありません。戦後60年経って、格差が固定化した今日、2世や3世でなければ総理にはなれないでしょう。それはくやしいけれども事実であるようです。

その一方で、この両候補の間には明瞭な差異が存在します。それは、麻生太郎氏が麻生財閥の御曹司として若くして経営者であったことと、福田康夫氏には元々政界に入るつもりがなく、サラリーマン生活を送っていたことです。その違いは、両者の政治手法の違いとして、また印象の違いとして反映されています。

一般的に、総裁選に勝利した福田氏の手法は対話を旨とした調整型であるといわれます。北朝鮮政策に関して、それはこれから典型的に現れるでしょうが、民主党との妥協を強いられる局面において、その手法が有効に作用すると自民党内で考えられたための勝利だったのでしょう。それは、福田氏が石油商社で対外交渉の仕事をしてきたサラリーマンであったことと無縁ではないでしょう。

一方の麻生氏は地方票を多く獲得し、善戦しました。彼の応援を買って出ている人たちの中には、およそ自民党員とは思えない若者たちが多く含まれています。漫画好きで「オタクのみなさん!」という演説が心を惹きつけたからだというのがもっぱらの評判ですが、それ以上に、彼がどちらかというと独断専行型の経営者タイプで、構造改革主義者であることと関係があると思います。

この、経営者タイプで構造改革主義者というありようのなかに、私はある種の危険を感じます。

構造改革とは何か。それは規制緩和のことです。

護送船団方式から自由競争へ。新古典主義経済学に立脚したアメリカ型の経済社会への転換を図ったのが小泉純一郎元首相でした。しかし、規制緩和は自由競争であるという点において、明瞭な欠点をもっています。それは、経済万能の弱肉強食社会を生むというところです。竹中平蔵氏をはじめとする小泉ブレインは、それを是としました。なぜなら、新古典主義の経済は、人間が金の亡者でどうしようもないエゴイストであることを認め、そのモデルにしたがって理論を構築し、そのエゴイズムが生み出すお金によって税収を支えようと言う発想が根幹にあるからです。その結果、国の税収は上昇しましたが、収入格差は拡大しました。

そのような発想の中で、居酒屋チェーンや人材派遣会社の社長等によって教育再生が叫ばれる。経済の分け前を渡すことなく、「愛国心」や「奉仕の精神」といった忠誠心を教育によって徹底させようと言う、これはまさに金の亡者のエゴイズムにほかなりません。

このような実例を踏まえて考えれば、首相候補をはじめとする行政の長の立候補者が「経営者感覚」を売り物に「構造改革」を主張するのは「経営者」でないすべての人にとって極めて危険であるということがいえるように思います。上記のようなエゴイズム経済においては、自らの利益を高めることがすべてに優先し、それは「構造改革」というお題目の下に是認肯定されるからです。

麻生氏や小泉氏に話を戻せば、彼らの「構造改革」を支持したのは若い人ではなかったか、という反論があると思います。つまり、格差社会において多くの「負け組」に属する人たち。それは、彼らの「構造改革」が敵視し、つるし上げの対象とした「官僚」や「郵便局員」といった人たちが、ワーキングプアーや契約社員にとって、目の前の敵であったということと関係があると私は思っています。多くの人々が、郵政民営化に諸手をあげて賛成しました。民営化されても、自分たち自身にとっていいことはほとんどなにもないということがわかっているにもかかわらず、です。明後日から、郵便局の振り込み手数料はびっくりするほど上がります。貯金の全額保護も国の保障が無くなります。簡保しかり。なにしろ、民間の銀行や保険会社になるのですから。

そこに、「敵の敵は味方」という不思議な論理が働いていたと私は考えます。
つまり、

「いままで親方日の丸で安泰だった官僚や郵便局員を俺たちと同じ不安定な地位にまで落としてくれた構造改革万歳!」

というルサンチマンというか、目の前にいる幸せな人の足を引っ張りたい、という下流志向がそこにはあったのではないか。

ほんらいならば、「彼らと同じような安定と休暇を俺たちにも!」と叫ぶべきなのです。なにしろ、現在の日本はエゴイズム経済の社会にあるのですから、その程度のエゴイズムは許容されるべきだと私は考えます。

このようなエゴイズム経済の社会に変貌した日本ですが、構造改革に対する疑念がひろまってきたいま、まだまだ中流のサラリーマンが多い日本においては、福田氏が当選するのは当然と考えます。しかしそのときに、下流に属する人には、自らの立場を代表してくれる人がいまの国会にはいない。そのとき、「敵の敵は味方」という論理が前面に出てくるのです。

しかしその発想は根本的に間違っています。なぜなら、ごく一部の勝ち組と大量の負け組を作りだし、富の集中を図ったのは、サラリーマンや公務員ではなく、勝ち組とその利益を代表する「構造改革」主義者なのですから。

「政府が景気回復したと認定した2002年から今日まで、「構造改革」の名の下に日本経済は大きく変わりました。GDPは5年間で約22兆円増え、一方、サラリーマンなどに支払われた報酬は約5兆円減少しました。」 (森永卓郎さんによる)


この事実だけでも、真の敵がどこにあるかわかると思います。そして彼らは、一般市民の内部分裂につけこんで福祉・医療の切り捨て、一般人向け増税、給与切り下げなどを行う一方、法人課税や株式売買の所得に対する減税などを行ってきました。中流以下で足の引っ張り合いっこをしている場合じゃないです。

さて、そういうときに投票行動をどうすべきかということですが、簡単な話が、「今の自分に近い立場・境遇の人」に一票を入れるというのがよいと考えます。自分が経営者か、サラリーマンか、契約社員か、ワーキングプアーか、ニートか。その立場に近い人はだれか。

上記のように、この格差社会においては政治家も含め殆どの人間がエゴイズムにしたがって動いています。だとすれば、「今の自分に近い境遇の人」に権限を与えておくことが「今の自分」にとってもっとも有利に働くのではないでしょうか。問題は、契約社員やワーキングプアーの立場を代表し、大きな影響力をもつ政治勢力が今の国政にないことです。 でもそれも「今の自分に近い立場・境遇の人」に対する投票をみんなが心懸けてくれれば、いずれ、と思います。だって格差社会の勝ち組なんて、本当に数は少ないんだから。収入に寄らず一人一票というのが民主主義社会における選挙の原則です。


さて明日。

現職候補は「経営者感覚」を自らの売りにし、契約社員への切り替えを図ったり、夏休みを取り上げたりしているようです。私は、この施策は先程述べた「敵の敵は味方」的な効果を狙った選挙対策だと考えています。そして、このような施策が結果として働く人に大きな格差を生むこと、今の私自身の境遇が契約社員に近いことは、現職候補に対する大きな否定材料です。

それから、いま争点化されている現職の職員に対するパワハラ問題。暴言を吐き、言うことを聞かせようと言う手法が、優れた「経営者」の姿とは私には思えません。暴力で強いられても人は創造的な仕事などしません。職務怠慢など困った実態があるのでしたら、それを上手に矯正し、ボウリング部を創設するなどして(´∀`)誰もが気分良く楽しく働ける環境を整えて、生産効率の向上に導いてゆくのが真の「経営者感覚」だと私は考えます。

まあそんな風に考えて明日は投票に行きます。
スポンサーサイト
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.09.27 *Thu

9月29日、フェルメール・クァルテットつくば公演

私がボランティアで運営に参加している「つくばコンサート」の、2007年秋のシリーズがいよいよはじまります。

第1弾は…

フェルメール・クァルテット演奏会

2007年 9月29日(土)午後3時開演 ノバホール

〈曲目〉
モーツァルト :弦楽四重奏曲第22番変ロ長調K.589
ヤナーチェク :弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番イ短調Op.132

〈料金〉 A:3000 B:2500 C:1500

フェルメール・クァルテットは結成以来38年、第一線で活躍してきた大ベテランの弦楽四重奏団です。中心メンバーの引退にともなって解散が決まっており、最後の来日公演です。

ようやく涼しくなってきた今日この頃。
秋の芸術シーズンの幕開けに、大ベテランによる弦楽四重奏はいかがですか?
良席もまだまだございます。当日券も発売されます。

《シリーズ券》S:11000 A:10000 B:8000
 ※S席シリーズ券は、ヴッパータール響のみS席で、他の2公演はA席です。
《チケット取り扱い》
 ノバホール 029-852-5881
 ヤマハつくば店 029-850-0518
 チケットぴあ 0570-02-9990
 インターネット: http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.09.22 *Sat

上岡敏之のチャイコフスキー

このブログの上岡敏之・ヴッパータール交響楽団関係の記事にコメントを寄せてくださるあかさんのブログ経由で知ったのですが、先日ご紹介したチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」のCDの試聴がネット配信されています。

宇野功芳大先生の試聴記付。
http://classical.eplus2.jp/article/56299117.html

これだけではなんともわかりませんが、割にクールな感触のチャイコフスキーという印象。私、思い入れたっぷりに演奏される濃厚なチャイコフスキーが苦手で、その点が心配でしたが、これならどうかな。


■上岡敏之・ヴッパータール交響楽団つくば公演(10月14日、ノバホール)
http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-161.html
〈曲目〉
 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番(ピアノ弾き振り:上岡敏之)
 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

 〈料金〉S:5000 A:4000 B:3000 C:2000
 〈主催〉つくばコンサート実行委員会
http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/


さてチャイコフスキーといえば、過去につくばコンサートで招聘した演奏家で「弦楽セレナーデ」の名演を聴かせてくれた演奏家がいました。それが、サウリュス・ソンデツキス指揮リトアニア・バルチック室内管弦楽団です。

その際に購入したソンデツキス指揮リトアニア室内管弦楽団のCDをご紹介しておきます。
演奏会とは別オケですが、ともにソンデツキスが集めて組織したオケで、メンバーもかぶっているそうです。ソンデツキスの明快な指揮で、クールに聴かせる弦セレは、クールであるが故にじっくりと聴きこむことのできる、よいCDだと思います。

ソンデツキスの指揮は極めて端整で、拍節のわかりやすさ抜群。ほれぼれとするような指揮でした。室内楽のエキスパートなので、その部分はやはり大事なのですね。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1903836
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.09.19 *Wed

朝崎郁恵さんのうた

先日とりあげた朝崎郁恵さんのうたが、youtubeに上がっていたのでご紹介。


■ダイコクブログ。朝崎郁恵「おぼくり」
http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-198.html
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.09.16 *Sun

SICKOをみてきました。

今日、懸案の映画「SICKO」をみてきました。
「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」で日本でもおなじみになったドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアの新作です。
http://sicko.gyao.jp/

マイケル・ムーアの作品って、ようするに「世界の王者・アメリカって実はこんな異常な国なんだ」ということなんだと思っています。今回、彼がアメリカの異常さとして取り上げたのは、医療保険の問題でした。

アメリカには、国民皆保険の制度がありません。そのため、保険に入れない人がいるわけです。また、保険に入ることができても、なんやかんや理由を付けて医療費給付を受けられない人、打ち切られる人が続出します。日本ではまず考えられない事態だと思うのですが、保険会社から医療費給付を拒否された人は、数百万円にも上る医療費を払ったり、あるいは選択肢を示されて安い医療に切り替えたりといったことがよくあるということになります。映画の冒頭で示されたのは、木材を切るグラインダーで指を二本飛ばしてしまったひとが、その医療費の高さから、一本だけで妥協したという姿でした。映画の後半では、医療費の払えそうもない患者を病院がホームレス保護施設のそばの道ばたに捨ててくるというショッキングな映像でした。

ムーアは、この異常さを諸外国との比較から示してゆきます。
まず取り上げたのがカナダ。ムーアは「ボーリング・フォー・コロンバイン」でも、アメリカ同様に銃所持が認められているカナダでめったに発砲事件が起こらないことを紹介し、銃社会アメリカの異常さを際だたせていました。カナダでは国民皆保険のうえ、医療保障が充実していますので、アメリカとはまったくかかる金額が違います。カナダへ行き、そちらでカナダ人の男性と内縁関係にあると言ってもらって医療を受けるアメリカ人女性が紹介されます。エンディングのクレジットロールでは、カナダ人との結婚を勧める結婚相談所?のサイトが紹介されていました。

次に、フランス・イギリスにおける医療保障を紹介していきます。
これはけっこう印象的でしたね。イギリスの元国会議員のインタビューで、その人は、「民主主義社会である以上、政府が国民の利益になることをしてゆくことは必要だし、自分の利益を代弁してくれる人に投票すればいい」といいます。フランスでは、デモの効力が語られていました。「俺たちを困らせるとギロチン台にかけるぞゴルァ!」という伝統の国だなあと。

そして、話は911テロに移っていきます。
911テロに際して「英雄」と呼ばれた人たちの中に、後遺症に苦しむ人たちがいます。民間ボランティアで救助活動に携わった人たちの多くが、埃を吸ったことにより肺を痛めるなどして苦しんでいます。これに対して政府は、公務員でないことを理由に救済を行っていません。その実態をあぶり出すために、ムーアはこの患者さん達と一緒にキューバへ行きます。

キューバでは、911テロの犯人達が国際条約に則って手厚い医療保護を受けていることが紹介されたあと、共産主義国家における医療のあり方が紹介されていきます。911の後遺症の人たちは、ここで手厚い医療を受け、安い薬を手にします。チェ・ゲバラの娘さんだというお医者さんがキューバの医療のあり方を論じています。

キューバというのはアメリカの国民にとっては、日本人にとっての北朝鮮のような存在だと思うのですが、そう信じ込んでいたところがキューバの方がはるかに医療水準が高いという驚愕の事実、という手法は非常に効果的であったと思います。

医療を国家が保障することを、アメリカの歴代政権は「社会主義的」というレッテルで悪と見なします。その背景には保険業界のロビーズムがあるということ。しかし、医療を保障されることは、国民が国家に対して要求してなにもおかしいことではないこと。そういうことを感じさせる映画であったと思います。

この映画では、日本はまったく登場しません。

しかし、今の日本の行政が「官から民へ」「皆保険=負担増」といったレッテルを貼る実態を考えたとき、暗澹たる気分になってきます。世界一異常な国であるかもしれないアメリカを、日本はお手本にして(あるいは圧力に屈して)右へならえの態度をとり続けているからです。年金や医療保険の破綻を煽る言説の中に、「だから民間に」というアメリカニズムが紛れ込んでいるのではないかという危惧を強く感じました。ムーアがなぜ日本に取材しなかったのかと言えば、やっぱり日本が理想的な医療にほど遠いからだったんだろうな。

ちなみに、日本にも医療給付切り捨てはすでに実在します。
少し前に評判になった生命保険料の不払いが代表例ですが、他にも、損害保険の給付を社医が削ってくるということはよくあることです。たとえば事故を起こした人が対人無制限の保険に入っていても、被害者のリハビリ等に関しては、その患者を診てもいない保険会社の雇われ医が「改善の見込みなし」などの理由で給付を打ち切ると言ったことは頻繁に起こっていることです。医療保険を民間に任せると言うことはそういうことなのだということを、この映画を通して日本の人も知っておいた方がいいかなと思います。

なにより、リハビリ日数制限がこの医療給付切り捨てそのものですね。「受ける医療に制限があるなんて信じられない」と言っているフランス人が登場しますが、まったくです。

その一方で、ムーアは医療保障の充実した国の国民の税負担の問題は軽くスルーしていて、そこがこの映画に不満を残した点です。私なんかの気分としては、皆保険制度の維持と医療負担の無料化かそれに近い金額という制度を取るのであれば、消費税10パーセントでも一向に構わないと思っています。

命を守ることは自己責任ではなく国民に固有に与えられた権利であるという考え方を忘れてはならない。それはまさに、医療に対する制限を一律に課す「リハビリ日数制限」の誤りそのものでもあると感じました。フランスが出生率が上がったのも宜なるかなという感じで、未来に対する不安を取り除くことが国家繁栄の道なのだと言うことを強く感じました。

それから、この権利を要求する権利も私たちにはあるということも強く感じました。国家は、国民がものを考えなければいいと願っているのだ、とイギリスの元国会議員はいいます。「民は知らしむべからず、寄らしむべし」という言葉がありますが、デモ等を通して意思表示をするという権利をしらず、助け合いと連帯の精神を失った日本人の姿とそれは重なります。自己責任という言葉が幅をきかせたこの数年間に、私たちはまた分断され、孤立したのだという気がするのですが、

なんかうまいことまとまりませんが、まあ早いとこ(というのはそろそろ上映も終わりかもしれないから)みてくださいということで、まとまらないままご紹介します。
COMMENT : 9  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.09.04 *Tue

20日、牛久市長選で公開討論会

今日はこの過疎ブログ、やけに来客数がおおいなあ、と思って調べてみたら、こんな記事が出ていたんですね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070904k0000m040152000c.html

■夏休み:市長が廃止…職労が反発、論争に 茨城・牛久

 市役所職員の夏休みを巡り、茨城県牛久市でホットな論争が続いている。地元で会社経営の経験がある池辺勝幸市長が今夏、「民間とかけ離れており、納税者の理解が得られない」と市職員の夏季特別休暇を廃止したのが発端。市職労(菊池正彦委員長)が「公務員たたきの風潮に便乗しただけで、時短にも逆行する」と反発。池辺市長は30日投票の市長選で再選を目指しており、論争の行方が注目される。(以下略)

--

例の、牛久市の夏休み廃止に関する後追い記事です。牛久市ではお正月休みを削減するという噂も耳にしますので、要注目であることはまちがいないでしょう。

今日はもうひとつ、「牛久再生プロジェクト」(リーダー・池辺勝幸)から市政報告の書類が投函されておりました。そこには「今回の市長選挙の争点は、『今までの改革を継続して市民の為の市政をするか?それとも改革をやめて「自治労」という労働組合の既“特権”を守るのか?』だと思います。」という文言が赤い字で書かれております。

さらに、対立候補の谷口誠一氏を自治労と結びつけて批判しています。私、まだこの夏休み問題に関してはピンとこないのですが、どうも夏休み廃止問題は選挙の争点として、これからも熱く議論される模様です。

さらに本日、20日に両候補が参加して公開討論会が行われる旨の新聞記事が目に入りました。

■公開討論会NGO リンカーン・フォーラム
http://www.touronkai.com/soon.htm#ushiku

これによれば、20日午後7時より牛久市中央生涯学習センターで行われる模様です。企画は牛久市青年会議所。

私自身、いわゆる地方自治にはあまり関心ある方ではなかったので、この問題に関してもよくわからないというのが正直なところです。時間があったら参加して、両者の主張を耳にしたいところです。実りある論戦を期待したいです。
COMMENT : 11  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2007.09.03 *Mon

上岡敏之・ヴッパータール交響楽団のCD発売予定

きたる10月14日、つくば市ノバホールで演奏会を行う
上岡敏之&ヴッパータール交響楽団
のCDが発売になるそうです。


2007.10.9 日本先行発売予定

■チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(2007.5.13-14収録)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2618939
■ブルックナー  :交響曲第7番(ハース版)(2007.9.8-9収録予定)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2618940

いずれもヴッパータール・ヒストーリッシェ・シュタットハレにてライブ録音
※アフィリエイトではありません。念のため。

両曲とも、今回の日本公演で演奏する曲目。いわゆる来日記念盤ですが、これまで上岡&ヴッパータールのCDは現地ファンのために会場で頒布されるような感じだったので、入手は困難でした。私は予約して、演奏会のあとでサインもらおうと思います。

CDじゃなくて生演奏を聴きたいと思う方はこちら!

http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-161.html

■ヴッパータール交響楽団演奏会(指揮とピアノ:上岡敏之)
 2007年10月14日(日)午後3時開演 ノバホール
 〈曲目〉
 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番(ピアノ弾き振り:上岡敏之)
 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

 〈料金〉S:5000 A:4000 B:3000 C:2000
 〈主催〉つくばコンサート実行委員会http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/

ヴッパータールという地名は検索に引っかかりにくいんでしょうか。
つづりはWuppertalですが、「ブッパタール」「ヴッパタール」などの表記が混在しているようですね(ぜんぶ並べとけば気づいてもらえるだろうというセコい判断)


それにしても…
COMMENT : 15  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。