This Archive : 2007年04月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.04.22 *Sun

能登半島地震とラーメン

先日、お昼ごはんを食べに柏の王道家に行きました。

家系総本山吉村家直系店・王道家
http://www.iekei.com/source/oudouya/index.html

ここはいわゆる「家系」の店で、家系発祥の横浜「吉村家」ののれん分けという由緒正しき(?)お店です。ラーメン1杯590円と、柏の人気店としては安いと思います。トッピングやサイドメニューも安く、野菜トッピング50円とか、ご飯もキムチ丼か味玉丼かチャーシュー丼130円でご飯てんこ盛り。ご飯を小盛りにすると70円とかそんな値段で上記の丼が食べられます。

ここで、能登地震の義援金をやっていたそうで、上記のトッピングやサイドメニューで得た収入を先日寄付してきたそうです。

総額で10万8千円くらい。

元々安いトッピングで短期間に10万円も稼ぐというのはたいしたものですが、それを義援金にまわそうというのもすばらしいと感じました。

私は石川県に暮らしたことがあり、妻は石川県の出身。能登ではありませんが、知り合いがいたり、昔ふたりで旅をした場所が壊滅したりしていて、やはり気になるので、我が家でも赤十字に義援金を振り込んでいます。そんなこんなで、自分のことではないにもかかわらず、ついご主人にお礼を言ってしまいました。

ご主人曰く「いや、これはお客さんの志ですよ」。
いや、義援金にまわさなければ自分たちの収入な訳だから…。

ラーメンで10万稼ぐって相当大変です。普通のラーメンなら170杯売らないと稼げないわけですから。

さらに話をすると、親分の吉村家の吉村さんがこういうことに熱心で、のれん分けの店には連絡があり、協力しなさいと言われたんだそうです。

この能登地震に対するボランティアについてはさまざまなブログやサイトで体験談などが紹介されていますが、一方で、医療関係者が避難所にいるお年寄りに勝手に運動指導をやって地元の保健士さんとトラブルになったり、企業が自社製品を配りまくったりと、ちょっと微妙なことも起きたようです。

いまなにが求められ、なにを与えられるのか。災害ボランティアでこのバランスを取ることは非常に難しいようです。もちろん、無関心でいるよりははるかによいのですが…。

その意味で、家が壊れてしまった人にとっては、お金も非常に大切ですし、みんなが休みを取って遠方のボランティアに参加するという社会環境にはありません。ほんとうはボランティア休暇や、公共交通のボランティア特別割引なんてのもあってよいと思うんですけどね。そういうなかで、義援金はかなり有効と考えます。


いまさらですが、災害義援金は確定申告で控除の対象になります。1万円まではダメですが、それを超える分の寄付金が寄付控除の対象になるので、振り込みの紙を取っておくと良いと思います。


ああ、それにしても、あのどっしりと落ち着いた輪島の家並みはもう旧には復さないのだろうなあ。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.04.21 *Sat

牛久市議会議員選挙は明日。

明日は統一地方選の後半戦ということで、私の住む牛久市も市議会議員選挙があります。朝起きたら散歩がてら行くつもりです。

それにしても、ようやくあの無意味な候補者連呼の雑音から解放されるのがうれしい。音の悪い拡声器でがなり立てたり、泣き落としたりして候補者連呼ってバカみたいです。成果報告とか生活に密着した今後の議題とか、ちょっとかんがえれば、有権者が耳を傾けそうな話題は短い時間でもいろいろあるでしょうに。

あの、ばかばかしい連呼のあいまの行間が、


「牛久市議会議員候補、○○□□、○○□□です。

(4年間何もしてこなかったし、これからもなにもすることはありません。ただただ、私がこれからの4年間も歳費をもらえるために)

みなさまの温かき一票を、どうぞよろしくお願いいたします!」


と厚かましいことをいっているに等しいということを、一部候補者の皆さんにはご理解頂きたいと思います。そもそも私は静けさを求めて牛久市に越してきたので、ああいう、耳を傾けるに値しない雑音を出す人は牛久市議にはふさわしくないと考えています。

もちろん、短い時間に傾聴すべき内容を含んだ宣伝カーもありましたよ。

ともあれ、明日は牛久市議選です。有権者は権利を行使しましょう。
COMMENT : 9  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.04.16 *Mon

リハビリ制度 改定しても 大問題

なぜかタイトルが五・七・五w

キャリアブレインニュースより。
https://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=7898

「昨年度に改定したばかりの制度を厚生労働省が今年3月に見直し、4月から再改定されたリハビリテーションに関し、医療現場が新たな問題に直面していることが、4月11日までにキャリアブレインに入った関係者の証言などから明らかになった。4疾患別のリハビリ料と日数制限について、同省は一部「緩和」する措置を取ったものの、リハビリ料の「逓減制」などを制度化した。この影響で、医療機関は再改定前よりも低い診療報酬でリハビリを提供しなければならず、経営難から成果が期待できる患者に早期転院などを迫る事態が起きるのではないかと危惧されるという。関係者は「必要なリハビリを保障するためには、一切の条件をつけず、日数制限を即時に撤廃すべき」と指摘している。」

いちばんの問題は「逓減制」で、これによって儲けがほとんどでないリハビリ患者が出てしまい、病院から放り出される可能性が高まったことが、さまざまな数値とともに紹介されています。

これと、医療から介護保険に移ると再び病状が悪化しても医療リハビリに戻れないと言う不可逆性の問題が今回の改定の二大問題だと考えます。

ついでにいえば、問題は、診療報酬の改定が公示からほんの数日で実行に移されることにもあると思います。日本のすべての医療機関はほんの数日で改定のポイントを理解し、計算を行い、それを反映させて治療方針を考えるまでもっていくわけで、優秀だなあと思いますが、そんなことが言いたいのではなく。なぜ周知・検証期間が設けられていないのかということも問題だと思っています。

たとえば一ヶ月前に公示が出れば、各医療機関で検証が行われ、そこに問題があれば声が挙がり、学会で集約されたり国民の間に反対運動が起こったりして再検討がなされる可能性がある。そうすれば過ちは事前に防げるわけです。しかしその時間を与えないでぶっつけ本番、というのが毎年繰り返されているわけです。うるさいことを言われたくないから考える暇を与えない、という発想があるのでしょう。


ところで「朝日新聞」は、例のスクープに載せられて以来、この問題に関してすっかり切っ先が鈍くなり、昨日の新聞では早期リハビリの重要性を訴えています。早期リハビリが重要だから日数で制限したり、逓減制を導入するというのは厚生労働省の言い分なわけで、すっかり厚生労働省よりになったなあと思います。そりゃあ重要か重要でないかと言ったら早期リハビリだって重要ですが、例のスクープの際に「全体としてリハビリの医療費削減は必要」というようなことを堂々と書いてしまった「朝日」としては、早期リハビリによる医療費抑制に賭けるしかないですもんね。

しかし人というのは千差万別で、みんながみんなそれでよくなるというわけではないのです。早期でうまくいかないから時間かけてじっくり、という場合だってどうしても出てくる。それが仮に少数者だとしても、そういう人のためのセーフティネットを用意しておくことが、国に求められる施策だと思っています。
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2007.04.12 *Thu

国民投票法案の委員会採決に反対し、廃案を要求します。

詳細は別のブログや媒体に譲りますが、本日、
国民投票法案の委員会採決
が強行されました。

私はこの採決に反対し、この法案の廃案を要求します。

理由は次の二点。

1:国民的議論がまったく尽くされていない。

新聞・雑誌・テレビといった大手メディアがこの問題を大きく取り上げず、松坂対イチローとか堂でも云い話題に終始していることを私はいぶかしく思っています。報道統制がなされているのではないかという疑念さえ抱きます。
ひょっとして、最近「あるある」問題とかで総務大臣の鼻息が荒いのはブラフ?なんて。

2:有効投票数が決まっていない。

上記のような無関心・報道のネグレクト状態下においては、投票率の低下が懸念されます。そのようなときに、有効投票数が決まっていないこの国民投票法案では、国民の意思を問う有効性に対する懸念が強いと考えます。
COMMENT : 5  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2007.04.12 *Thu

常磐線グリーン車に反対する署名運動

案の定というか、常磐線問題は第2章に突入してしまいました。

常磐線グリーン車導入問題です。


二階建て車両の醍醐味はこれ!


二階建て車両の醍醐味は、下の階の席に座って通過駅をすり抜けてゆく時のスリルではないかと。


3月18日より、常磐線にグリーン車が導入されました。

そのせいで、朝夕のラッシュ時を中心に混雑がひどくなっており、利用者の間に不満の声が広まっています。無理もないですね、15両、あるいは10両の列車が長さそのままで2両をグリーン車に取られてしまったわけですから。

それで普通車は、
15両→13両
10両→ 8両

となってしまいました。

そのグリーン車ですが、料金が高い。
上野・牛久間で1200円(SUICA事前購入だと900円)します。
フレッシュひたちより高いという状態。
そのせいで、グリーン車は二階席をフル活用して空気を運んでいます。


JRは、グリーン車をどうしても導入したいなら、混雑の緩和策を講じた上でなければならなかったはずです。大多数の乗客を混雑状態に押し込めておいて、がらんとした空間を走らせなければならない理由は私には理解できません。

百歩譲って、「その減った2両×運行本数の車両を確保=増便」がなされなければ、グリーン車導入は大幅なサービスの低下ということになります。それが、ラッシュ時の通勤客を中心とした利用者の、普通の考えではないでしょうか。

その不満の声をもとに、日本共産党牛久市議団のみなさんが署名活動を行い、本日JR水戸支社に交渉にでかけたようです。


今回のこのアクションは、前回の「東京自由乗車券廃止→都区内・りんかいフリーきっぷ未導入問題」を補完する働きがあると考えます。「東京自由乗車券」の利用者は非ラッシュ時・非定期券の利用者を中心とした不満を署名という形にしたものでした。今回はラッシュ時・定期券利用者の不満を中心としてます。

より幅広い層の声がJR水戸支社に届くことに期待しています。

まだ私は署名をしておりませんが、今朝たまたま駅を通りかかった妻はさっそく署名をしてきたそうです。私も署名したいと思います。そして、ラッシュ時利用者の多くの方々のアクションを期待します。
COMMENT : 10  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2007.04.01 *Sun

さくら日和

今日はさくら日和でした。
カミさんの撮影

CATEGORY : 未分類
THEME : 茨城県 / GENRE : 地域情報
DATE : 2007/04/01 (日) 22:17:30
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。