This Category : ごあいさつ

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.03.25 *Wed

おしらせ

ながらく放置が続いておりました当ダイコクブログ。ですが、その間にさまざまな経緯がありまして、現住所の牛久を離れ、学生時代を過ごした日本海の小京都(愛称・キムタク市。キムタクのタクはたくあんのタクです)に移住することになりました。私の愛する向かいの空き地のキジたちも宅地造成で追い出されてしまいましたし、ここはいい潮時かな、と思いつつ引っ越しの準備をしています。

JR東日本水戸支社の東京自由乗車券廃止に対する抗議から発作的に作ったこのブログですが、この問題が「都区内・りんかいフリーきっぷ」の導入によって解決を見る中で、このブログをどうしようかなと思いながら自分が参加しているつくばコンサートの活動や、妻の仕事がらみで関心をもったリハビリ難民の問題など、あっちへふらふら、こっちへふらふらさまざまな問題を語ってまいりました。

このままのんべんだらりんと続けていってもいいっちゃあいいんですが、キムタク市(くどいようですがキムタクのタクはたくあんのタク)に言ったら今度は大学国語講師ではなくなるので、「ダイコクブログ。」というタイトルは適切じゃないなあと、ここしばらく思案しておりました。

で、この際、このブログを閉じようと思います。

しかし、じゃあ、ってんでぜんぶ消去してしまうにはすこしだけ躊躇があります。

東京自由乗車券廃止の問題はブログというシステムを得てさまざまな広がりをもち、地方政治に携わる人々や多くの有志の方々の力によって「都区内・りんかいフリーきっぷ」導入という形で理想的な解決をみたできごとであります。リハビリ難民問題は現在進行形でつづく未解決の大問題であり、つくばコンサートは協賛企業の変更という難関を乗り越えて今後も良質の音楽を提供していかなければいけません。

それらのできごとに対して、一介の大学国語講師が残した足跡は実に実に頼りない「言葉」でした。それでも、上記のような問題に対するささやかな記録としてこの「言葉」が少しは役に立つこともあるんじゃないか。そんなうぬぼれから、これをポチッと消してしまう気になれないんです。

それに、私はこのブログを通して、多くの知己を得ることができました。また他に取り上げた問題を通してもやはり多くの知己を得ることができました。そのうちの幾たりかとはmixiのようなネットコミュニティでも親しくお付き合いし、コンサート会場など多くの場で感動を共有するに至りました。そしてこのブログのコメント欄には、こうした人たちとかわした「言葉」が刻まれています。それは私に大きな糧となりました。そしてひょっとしたら私の「言葉」も誰かの糧となったかも知れない。

とまあ、またうぬぼれですが、そういう(少なくとも私にとって)大事な「言葉」がこのブログには刻まれています。そんなこんなの気持から、このブログの記事はこのまま残しておきたいと思います。コメント欄は数日後に書き込み不可にします。ひょっとしたらこれまでのまとめ記事を書くかも知れませんが、引っ越し準備があるからなあ。。。

ともあれ、これまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

またキムタク市に移りましたら、別のブログを作ろうかと思います。その際にはご案内申し上げます。今度はキムタクでブンガクを教える人のブログなので、カナブンブログ。とでもしようかな。
スポンサーサイト
COMMENT : 17  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.11.14 *Fri

ご無沙汰のお詫びとご案内

長いことごぶさたいたしておりました、ダイコクブログ。です。

日常より親しい方はご存じの通り、9月に待望の子どもを授かりました。里帰り出産・立ち会い出産という日程や、こちらへ連れ帰って以降の育児(育児は「手伝うもの」でも「参加するもの」でもなく、「当然分担すべきもの」と私は考えております)といった私事に、学会発表や週12コマにおよぶ講義、責任や守秘義務の伴う仕事等、日々がもうひたすらに慌ただしく、またプライバシー保護や子どもの安全の観点から私事に関してはあまりここでは書くこともできず、放置の状態が続きました。

その慌ただしい間隙を縫うように、地域にちょっと困った問題も起こったりいたしまして、そんなこんなも含めてこれからもうすこし頻繁に更新しようかと思っています。そうですね、FC2の広告が出ない程度には、と。

いくつもネタは思いつくのですが、そのような思いを言葉にするいとまもないままに、日々はすぎてゆきます。近年、地域社会でいろんな問題が生じています。その遠因として地域コミュニティの崩壊といったことが巷間言われていますが、その背景にあるのは長時間労働の常態化に代表される社会全般の忙しさ、であるような気がしてなりません。大人が地域に関われないと、こんなことになってしまうのかも、と思う今日この頃です。

というわけで日々の疲労は甚だしいのですが、子どもと関わっているとすべて吹き飛びますね。なんか非常によい脳内物質が出ているのかも知れません。

とりあえずごあいさつのみ。キンキンは生きてます(笑)
COMMENT : 16  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.06.04 *Wed

トラックバックに関して

最近、英語で書かれた得体のしれないトラックバックが多く、閉口しております。
一日、数百になりまして削除もうんざりなので、
本文に言及リンクのないトラックバックを受け付けない設定にいたしました。

とはいえ、あんまりトラックバックもないんですが。。。
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.01.06 *Sun

謹賀新年

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
松が明けないうちに言っておかないと…。

新年を実家で迎え、牛久に帰ってきてそうそうにこんな雲をみると、今年もおっぱっぴーに参りたいと思ったことでありました。
小島よしお風の雲


数分前ならもっと似てたんですけどね。残念。
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.03.24 *Sat

1年経ちました。

近くの空き地も小さな野の花で色づいてきました。
flower.jpg




先ほど気づいたのですが、このダイコクブログ。が今日で1歳のお誕生日を迎えました。

…気づいてよかった。

とりあえずは昨年ブログを立ち上げたきっかけであった「常磐線都区内・りんかいフリーきっぷ不導入問題」がうれしい導入になったことを最大の成果に、ブログを通じてできた多くの新たな友人たちのお考えに接することができたこと、遠方に住む旧知の方々と意見を交わすことができたことが大きな喜びでありました。

その一方、ネットに入り浸る時間がさらに増えたという、これは反省点ですね。

たぶんこれからは少し更新のテンポが遅くなるかと思いますが、「なりゆきまかせ」のコンセプト通り、興味のおもむくまま適当なことをわーわー言っていきたいと思っております。アダージョかつカプリチオーソに。

お立ち寄りのみなさまに感謝、です。
COMMENT : 6  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]



プロフィール

キンキン@ダイコク堂

Author:キンキン@ダイコク堂
ブンガク。
オンガク。
ケンケンガクガク。
↑意図的な誤用(嘘w)

ご用の際は
daikokuあっとまーくinter7.jp
(あっとまーくは記号で)
までどうぞ。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © ダイコクブログ。 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。